釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

釣り場こだわり検索

キーワード
エリア
こだわり条件

47件の釣り船・施設が見つかりました

いざわ渡船

0772-83-0108
久美浜の名所、小天橋のすぐ脇から出船するいざわ渡船。久美浜湾内の筏、カセでチヌ釣りを主体に楽しめる。船長は非常に気さくで、釣り人の要望に応えてくれ、普段の飼い付けもしっかりとしてくれている。ダンゴ1箱1000円。オキアミ、アケミ貝、氷は常備。オケは中、小あり。
  • 無料駐車場
  • 無料仮眠所
  • 弁当注文可
  • こども割引
フィッシング章丸は、串本大島港から出船。気さくで親切な船長が釣り人のニーズに合わせてポイントへ案内してくれる。カワハギ、マトウダイのほか、シーズンによりマダイ、青物、ヒラメ、アジなども狙え、1年を通して魚種多彩に釣りが楽しめる。
  • トイレ
  • 無料駐車場
  • エサ
  • 弁当注文可
  • 女性割引
  • こども割引
筏・釣り堀
内瀬釣りセンターの岡本代表は、周辺の海の状況などに非常に詳しい。四季を通じたチヌの釣り方の傾向などは熟知しており、釣り人のよきアドバイザーにもなっている。また、非常に気さくで聞けば、いろんなことを教えてくれる。だから、内瀬釣りセンターはリピーターが多い。
  • トイレ
  • 無料駐車場
  • 民宿あっ旋
  • 貸し道具
  • 弁当注文可
  • 女性割引
  • こども割引
カセ・筏
イシダイ、グレ、イサギ、ヒラメ、シマアジなどが狙える室戸岬の筏へ渡船してくれる
  • トイレ
  • 女性専用トイレ
  • 無料駐車場
  • 貸し道具
  • ポイントカード

糸川渡船

090-3303-7397
カセ・乗合船・仕立船・筏
三重県 尾鷲・賀田湾、賀田沖をよく知り尽くした私達、親子が営業しています。父は筏、カセの営業、私は船釣りを出船していて、筏、カセではチヌ、秋には青物がノマセ釣りで狙え、また冬のヒラメが狙えます。船釣りは季節の魚を狙い出船しており、マダイ、ワラサ、イサギ、チカメキントキ、メダイが狙え、秋頃のよい時には、ヨコワ(クロマグロの幼魚)...
  • トイレ
  • 屋根
  • キャビン
  • 竿受け標準装備
  • 電動配線
  • 無料駐車場
  • 民宿あっ旋
  • 貸し道具

由幸

0770-76-1307
乗合船・仕立船・磯渡し・筏
福井県内浦湾日引の由幸は乗合船、仕立船のほかに、筏、磯の渡船と料理旅館も営む船宿。宿では季節に応じた海の幸が味わえる。 沖釣りのメインターゲットは胴突き仕かけを主体としたマダイ、アジ五目で魚種多彩に楽しめるほか、夏場はマイカも面白い。乗合船は2人から出船可能。貸し道具完備で手ぶら釣行もOK。船はキャビン、トイレ付きの快適船。 ...
  • トイレ
  • キャビン
  • 竿受け標準装備
  • 電動配線
  • 有料駐車場
  • 無料仮眠所
  • 素泊まりOK
  • 民宿あっ旋
  • 貸し道具
  • 仕かけ販売
  • エサ
  • 弁当注文可
  • ポイントカード
仕立船・筏
三尾川で筏釣り、仕立船で営業しております。 筏ではチヌ(クロダイ)が人気で、季節ごとにさまざまな釣りが展開されます。シーズンにはアオリイカを楽しむ人も多いですね。 仕立船の(明良丸)では少人数から貸し切りが可能です。もちろん、人数が多くなっても3人目からはお得になりますので、気兼ねなく楽しんでください。
  • トイレ
  • キャビン
  • 無料駐車場
  • 仕かけ販売
  • エサ
  • 弁当注文可
  • こども割引

ロッジ山水

0597-32-0573
冬季は、誰もが夢見る60cm級のチヌが狙えることから「ロクマルの聖地」として知られる白石湖の渡船店。夢の大チヌを求めて、毎年多くのチヌ釣り師が通う。夏季は中、小型の数釣りが楽しめる。
  • トイレ
  • 無料駐車場
  • 素泊まりOK
  • 弁当注文可

小浜釣り筏

0599-25-2118
カセ・筏
小浜釣り筏は、浜辺湾、日ケ崎、イルカ島と3カ所に筏を多数設置。 収容人数も多く、釣り大会なども開催されるカカリ釣りの実績場。 秋は小型主体に3ケタの大釣りも期待できる。筏はトイレ付きで女性も安心。
  • トイレ
  • 無料駐車場
  • 弁当注文可
  • こども割引
  • 団体割引

ふじや釣舟店

054-352-1704
清水港のカセはオカラをベースにしたダンゴ釣りで1年を通してチヌが狙える釣り場。魚影も抜群で、好シーズンには型、数ともに揃う大釣りも期待できる。ふじや釣舟店は昭和25年開業で60年以上の歴史を持つ船宿。以前は伝統釣法の手釣りで狙う人も多かったそうで、今でも数人の常連がその伝統を受け継いでいる。