釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【タイラバやイカメタルのチョイ置きに】第一精工「船ベリBOX145」が使えそう

左右どちら向きでも固定でき、トレイ部分の角度調整もできるのがコッソリ便利

2017年のフィッシングショーで見かけて、個人的にも「便利そう」と思っていたアイテムが発売されます。

第一精工の「船ベリBOX145」です。

タイラバ、鉛スッテ、ジグなどが置けるトレイで、船のロッドホルダーにラバー製ジャケットを差し込んで固定します。タイラバや鉛スッテがコロコロ…と転がる、ありがちなイライラシチュエーションがなくなりますね。

トレイ側面がギザギザで、ここにフックを掛けて使うこともできます。ルアーなどを素早くローテーションする時にもストレスなく、役に立ちそうです。

ロッドホルダーの大きさに応じて交換できるよう、ラバー製ジャケット(パイプ・イン・パイプ)が2種類付属されます。これによりロッドホルダーの穴の径40~47mmまで対応できます。

ニュース一覧に戻る