釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【ゼロから始める一つテンヤマダイ】ほっそ~い糸で大鯛が上がる

初めて「この釣り」で掛けたマダイが忘れられない

初めて『この釣り』で2kgちょっとのマダイを掛けた時、記者は「あっ、根掛かりした」と思いました。船釣りにおけるマダイの2kgといえば、小さいってわけではないけど、「デカっ」と驚かれるサイズでもありません。

もちろん、それまでに2kgのマダイを釣ったことはあった。2kgのマダイがどれくらいの引きかも分かっていたつもりです。

ところが『この釣り』では、そんな当たり前の2kgの引きが根掛かりかと思うくらい、すさまじく重量感のあるモノに感じられたのです。

「根掛かりじゃねぇっぺ、早く巻くっぺぇぇ」。

そんな感じの茨城訛りで船長に言われ「マジですか?コレ、タイっすか」と必死でリールを巻いてドキドキした時のことは、今でも鮮明に思い出せます。茨城訛りは正確に覚えていないけど。

タイトルの時点でお察しの通り(笑)、『この釣り』の正体こそ(名探偵コナンの‘あの方の正体’みたいになってきましたが)…『一つテンヤマダイ』なのです。

そんな今でも忘れられない衝撃を与えてくれた「一つテンヤマダイ」の基礎を紹介したいと思います。

細いラインと繊細なタックル

一つテンヤマダイとは、「テンヤ」と呼ばれる仕掛け一つでマダイを釣るものです。テンヤ一つでマダイを釣るから、「一つテンヤマダイ」というわけです。タックルの構成は、竿、リール、道糸、リーダー(ハリス)、テンヤ(カブラとも言う)のみとシンプル。

基本的なタックルは以下の通りです。
それまでのマダイ釣りと違い、ラインが細く、タックルが繊細。それだけで2kgのマダイが別の生き物かと思うくらいに、生き生きとした生命力が伝わってくるのだから驚きです。

竿 リール 道糸 リーダー テンヤ(カブラ)
専用竿2.2~2.5m前後 スピニング2500~3000番 PE0.6~0.8号 2~3号5m前後 3-15号各色(エリア・潮流・水深による)

竿
この釣りに向く竿は、当たり前ながら専用竿。専用竿はおしなべていえば穂先の柔軟な2.2―2.5m前後の、調子でいえば7対3、8対2調子の竿といえます。オモリ負荷は1.5―15号程度。

各メーカー、各シリーズによって特徴はありますが、基本的には短めの竿は積極的に誘いを入れる時に誘いやすかったり、キャストしやすい、あるいは浅場で使いやすいといった傾向があります。

長めの竿は竿のタメが利き、大ダイ相手の強い味方になってくれたり、深場でも竿で仕掛けを安定させやすいといった傾向があります。幸い、どのメーカーにもオールラウンドモデルとかスタンダードモデルといった竿があるので、初めての場合はそれをチョイスするとよいでしょう。

リール
リールは小型スピニングで2500~3000番。PE0.8号が200mほど巻けるサイズの物が適当です。昨今は比較的安価で高性能のリールが多数出ているものの、オモチャのようなリールはやめておいた方がよいです(笑)。泣きを見ます。細いラインで大きなマダイが釣れるので、ドラグの力を借りる場面も多くなります。ドラグ性能に優れた物を選びましょう。

道糸
PE0.6~0.8号が一般的。強度はもちろんですが、意外とタナが浮いている時もあるので、タナを把握できるようラインマーカーが付いたもの、視認性がよいものを選びましょう。

リーダー
リーダー(ハリス)はフロロカーボンの2.5号が一般的。長さは5m前後。道糸PEとリーダーは直結します。慣れないうちは電車結びなどでOKですが、糸が持つ本来の性能を発揮してくれるFGノットやミッドノットなど、いわゆる「摩擦系ノット」を覚えると、ココぞという時のラインブレイク(糸が切れて魚がサヨナラ)を防いでくれます。

テンヤ(カブラ)
リーダーの先にはテンヤ(カブラ)と呼ばれる鉛(やタングステン)素材の仕掛けを付けます。水深、潮の速さに応じて号数をチョイスします。

号数の選択法を説明します。この釣りはまず底を取る(海底にテンヤを着ける)ことから始まります。そのため、潮に流されるなど、底が取れないほど軽いテンヤはNGとなります。とはいえ、底はラクラク取れるけど重すぎるテンヤもNGです。自然にテンヤがユラユラと落ちていく演出がマダイに効果的だったりしますが、思いテンヤではやりずらくなってしまうからです。一般的には底が取れる範囲で軽いテンヤ(カブラ)をチョイスするのが適当です。

先に、底が取れる範囲で軽めのテンヤをチョイスするのが基本となると書きました。しかし、例えばマダイがアタるタナ(泳層)を見つけ、そのタナにテンヤを入れたらマダイが高確率で食ってくるようなシチュエーションでは、手っ取り早くそこにテンヤを入れるのが得策。こんな時は少し重めのテンヤでタナを素早く直撃するのが効率的といえるでしょう。

先程からテンヤとカブラという言葉が出ていますが、台形のものをテンヤ、丸型に近い物をカブラと呼びます。ただし、一つテンヤという名が定着したことから、両方ともに便宜上テンヤと呼ぶことも多いですね。

台形のもの(上)がテンヤと呼ばれ、残り2つの丸型がカブラだが、総称としてテンヤとよばれることが多い

ドラグ調整とエサの付け方

実際に釣りをする前に、ドラグ調整とエサとなるエビの付け方を覚えましょう。

ドラグ調整
ドラグ調整は800gから1kgほど。リールのベールが起きている状態(糸が出ないようブレーキが掛かっている状態)で、この重さ(800-1kg)が掛かった時に糸がジワリと出ていく調整をします。

つまり、リールは糸が出ないようブレーキが掛かっている状態だけれど、この800gから1kgの負荷が掛かると糸が出ていく設定。これがドラグ調整となります。スピニングリールには、ドラグノブが付いています。これを締めるとブレーキが強くなる(引っ張っても糸が出なくなる)、緩めると弱くなります。最初は1リットルのペットボトルなどで引き上げてみて、糸がジワリと出ていくよう調整しましょう。慣れたベテランは手でラインを引っ張った感覚で、ドラグ調整をする人もいます。

ベールを起こした状態でギュッとラインを引っ張って調整するベテランも

 

エサの付け方
一つテンヤでは、テンヤのハリにエビを刺してエサとします(冷凍エビ、時期・エリアにより生きエビあり)。付け方は様々で、そこにコダワリを持つ人も多いです。ここでは一例をご紹介。

まずはエビの尾羽の付け根を切ります。ここから孫バリを背中に刺し(頭や腹側に刺す場合もあります)、親バリは切った尾から、エビの中心に沿うようハリを刺し抜きます(孫バリ、親バリの刺す順番はどちらでも構いません)。

エビがまっすぐになるように刺し抜くのがポイントで、親バリを抜く位置が悪いとエビが曲がってしまうので、あらかじめエビとテンヤを並べてハリを抜く位置をイメージしておくとうまくいきます。

孫バリをエビの背中に刺す

親バリを切った尾から入れ、体の中心に沿って抜く

エビが真っ直ぐになるよう付けるのがコツ

投入と誘い

一つテンヤは、エリアや状況によりパラシュートアンカーを打っての釣りになったり、イワシがベイトの時は反応をシューティングしたりと、船の流し方もさまざま。状況に応じた釣りをして頂きたいのですが、ここではごく基本的な釣り方を紹介します。

投入
リールのベールを返し、エビエサを付けたテンヤを海底まで落とします。潮が速い時はラインが流れることもありますが、軽~~くラインに触れながら落としていくと、比較的真っ直ぐ落ちていきます。

また、マダイは海底から浮いていることもあり、テンヤを落とし込んでいる最中にアタックしてくることもあります。テンヤがスーッと落ちていたのがフッと止まったり、真っ直ぐ落ちていたラインがフワッとたるんだりしたらマダイのアタリの可能性が高いです。すかさずアワせましょう。

この釣りで大切なのは、まず底を取ること。潮の流れ、船の動きがあるので、テンヤが底に着いても潮にラインが引っ張られてラインが出ていく状況もあったり。「アレ?底に着いたような…。でもまだ糸出ているし」と疑心暗鬼になりがちです。そんな時は、底に着いたかなと思った時に、一度大きく竿をあおって余計にラインを2-3mほど出します。これにより着底がかなり分かりやすくなります。

ラインにフェザータッチで落とし込んでいくのも有効

基本の誘い「リフト&フォール」
この釣りの超基本の誘いはリフ&フォールです。竿をリフト(持ち上げ)、その後フォール(竿を下げてテンヤ落とし込む)させます。底に着いたら糸フケを取り、リフト&フォールを入れてみましょう。

竿を頭上までリフトアップして少しの間を取る。そして、再びフォールさせる。このどちらの最中もコツッとしたアタリが出ることがあるので集中しましょう。特にフォールさせている最中に、急に手に違和感があったり、あるいはラインが変化したりした時はアタリの可能性が高いので、竿先やラインの動きも注視しましょう。

スッと竿を上げていきます(モデルはジャッカルプロスタッフ吉岡進さん)

頭上まで誘い上げます

再びフォールさせていきます

ビギナーであれば、まずはこのリフト&フォールを軸に釣りをしてみましょう。ただ、前述の通り船の流し方も色々で、例えばドテラ流しと呼ばれる風を船の横片方に受ける場合には、リフト&フォール…リフト&フォールと繰り返していると、ラインが船下方向に切り込む場合もあります。

切り込む角度がキツくなる前に、一度回収してください。再投入することによって、またテンヤをマダイに見せられますし、新しいポイントを探ることにもなります。

前述した通りマダイにもタナがあり、底にベッタリな時もあれば、底から浮いていることもあります。この「当たりダナ」を探ることも大事な要素。そこでリフト&フォールを使った簡単なタナの探り方を紹介します。

底を取る→リフト&フォールは前述した通り。これでアタリがなければ、1-2m巻き上げてそこからリフト&フォール。アタリがなければ再び1-2m巻き上げてからリフト&フォールを試してみると、どこかのタナでアタることがあります。その当たりダナが分かれば釣果もさらについてくるハズです。

ただ、あまり上までこれを繰り返すと、潮の流れによってはテンヤが流され、隣の人とラインが絡むトラブルになることも。底から5m前後をめどに誘うのがよいでしょう。

それ以外にも使える基本的な誘いの一例を大まかに解説します。

ボトムバンプ
短いストロークでチョンチョンと竿先を動かし、エビが底で跳ねているような演出をします。底でアピールする時に効果的です。ボトムバンプからスーッと竿を上げるとヒットすることも。

ステイ
底にテンヤが着いたら、放っておく(笑)。活性が低く、マダイが派手な動きをするエサを追うシチュエーションではない場合、警戒心持っている時に効くことも多い。ただ、釣りをするエリアの底の地形によってはあっという間に根掛かりするので、比較的フラットな底の形状のエリアでやるべし。

巻きテンヤ
底に着いたら一定速度で巻く。まるでタイラバのようなアクション。リフト&フォールがダメなのに、コレばかりにアタックしてくるなんてことも。また特定の地域ではコレが基本的な釣り方となり効果抜群といった場合が多い。

とまぁ、ほかにも色々テクニックはあるのですが、基本的にはリフト&フォールを軸に、色々組み合わせて釣りを楽しんでください。もちろん、船宿やエリアによってハマるパターンというのが確立されているのであれば、ソレに従うのが得策!

アタリがあったら…即アワセ

アタリは竿先にコツッと小さく出る、フォール中に糸がフケる、糸が走ったりとさまざま。とにかくアタリがあったらまずは鋭く竿を立ててアワせてください。バッチリとフッキングしたら、2kgが根掛かりに感じるような、ステキな引きが堪能できます。

掛かったマダイは反転して逃げようとします(小型のマダイはすんなり上がってくることもありますが)。この最初の突っ込むようなマダイの泳ぎを、調整したドラグ、竿の弾力を信じて、竿でこらえるようにします。ここでリールを巻いてしまうとバラシのもと。

走りが止まったらリールで巻き、また下に突っ込むような動きがきたら巻くのをやめて竿でためます。マダイは特有の三段引きと呼ばれる突っ込みを見せますが、焦らずに対応しましょう。巻いてはラインを出され…を繰り返すと徐々にマダイも疲れて、海面までの距離が近づいてくるハズです。

小型のマダイであればそのまま竿で抜き上げて船内に取り込んでOK。ただ良型、大型はタモ(網)ですくって船内に取り込みましょう。タモに入れる時は魚の頭から入るよう竿でコントロールし、無事タモに入ったらリールのベールを返して、リールをフリーな状態にしましょう。

タモに入ったことに興奮して、ベールを起こしたままにし、曲がってはいけない方向に曲がった竿先がポキッ! 実際何度か見たことのある悲しい光景です。

巻き合わせを覚えよう
アワセですが、竿先が海面近く(下方向)にある時は、シャープに竿を立てればフッキングします。竿を下から上に動かせる「アワセの幅」があるからです。

一方で、竿でリフトアップして竿先が頭上にきた時にアタリがきたらどうでしょう。すでに竿が上の状態ですからアワセ幅がありません。こんな時にマダイがアタってきたら、どうアワせればよいかというと「巻き合わせ」です。

読んで字のごとく、巻いてアワせる。アタった瞬間に鋭くリールをシャカシャカシャカっと回転させます。これができるようになると、かなりキャッチ率が上がります。誘い上げた時でも、逆の手はいつでもリールのハンドルに手を触れられるようにしておきましょう!

マダイだけじゃない!イロイロ釣れちゃう

一つテンヤマダイの釣りを一通り駆け足で紹介してきましたが、一つテンヤの魅力は、「イロイロな魚が釣れる」という点にもあります。マダイはもちろんワラサ(メジロ)などの青物から、ヒラメやカサゴなど底物まで、非常に多くの魚が釣れます。帰った後の食卓がバラエティー豊かになること間違いなし! とにかくアタリの多い釣り(になることが多い)ので、ビギナーでも楽しめます。

テンヤ(カブラ)のアレコレ

テンヤ(テンヤとカブラ)にはイロイロな種類があります。各メーカーから出ているアイテムの特徴を見て、まずは好きなモノから始めてみたらよいと思います。

テンヤとカブラの特徴
テンヤ型の特徴としては、台形で底の面積が大きいので、潮の抵抗を受けてゆっくりとフォールしやすいことが挙げられます。ゆらゆらと落ちていく動きはマダイに効きます(テンヤの動きを見せられる時間も長め)。一方で、抵抗を受けやすいので、潮が速いとなかなかマダイのいるタナに到達しないこともありデメリットとなります。カブラ型は丸い形状で、比較的潮の抵抗が少ないため、潮が速い時や深場などで効果的。

小さなテンヤやカブラですが、実際にイロイロな物を使ってみると、思った以上に「おっ、このテンヤは落ちるの速い」とか「引き抵抗あるな」など結構感じます。それもオモシロイですから、たくさん購入して釣り業界に貢献してください(笑)。

鉛とタングステン
また、素材についてですが、一般的には鉛素材の物が多いのですが、「タングステン」と呼ばれる高比重の素材も昨今では多くなってきています。

高比重って何?って話を大まかにいえば、同じ重さの鉛とタングステンを比較すると、タングステンの方が小さくなるということです。同じ8号テンヤの鉛素材とタングステン素材なら、タングステンがひと回り小さいのです。

タングステンは重さが同じでも小さくなるので、速い潮、深場でも抵抗を受ける面積が小さくなるため鉛素材に比べてスムーズに落とし込みやすい。「悪条件でもタフなヤツ」ってイメージでしょうか。メリットたくさんのタングステン、ただし……価格が高価になるのがデメリット(笑)。根掛かりなどでロストすると泣きます。

遊動式テンヤ
最近では、遊動式のテンヤも数多く出ています。遊動式とはテンヤのヘッド(鉛部分)とフックが離れるシステム。ヘッドの中にリーダーが通るようになっています。遊動式テンヤのメリットも多くあります。

一つはバラシ(魚が外れること)が少なくなる点です。固定式のテンヤにマダイが掛かった場合、マダイが「フンッフンッッッ」となんとかハリを外そうとします。固定式はヘッドとハリが一緒になっているので、マダイがハリを外そうとした時の動きがそのままヘッドにも伝わります。つまりヘッドも振られてしまうのです。

ヘッドは重さがあるので振られると負荷がかかり、その勢いとスポッとハリが外れてマダイとおさらば…となってしまいます。その点、遊動式はマダイがハリを外そうと頑張っても、ヘッドとハリ(&リーダー)が分離しますから、ヘッドにはその力が伝わりません。つまりバラシにくいワケです。

もう一つ、フォールのアタリが出やすくなることが多いとされます。マダイがフォールしてくるテンヤ(についたエサ)に食い付いた時、少し重ためのテンヤなどを使っていると、「アレ、なんか重みが違う」みたいな感じで、違和感からエサを離してしまうこともあります。ところが遊動式は魚がくわえた瞬間、ヘッドとハリが離れるので、違和感なくマダイが食ってくるのです。

デメリットとしては、リーダーがヘッドを通って出るだけに、海底などにこすれて若干傷つくのが早くなりがちなところといえます。リーダーを標準より少し長めに取って、傷んだら少し切って使うとよいかもしれませんね。

ほかの小ネタとして、ハリ先が甘くなったテンヤは掛かりが悪くなるので、「なんかバラシが多くなった」と感じたら、時折シャープナーで研ぐとよいですよ。また、釣りが終わったら、テンヤはなるべく早く真水で洗ってやってください。ハリのサビは刺さりが悪くなります。「釣りから帰ってからも次の用事が…」なんて時は、ガムの容器やビンなどでもよいので、とりあえず真水に入れた状態にしておくと応急処置にはなります。

シャープナーでハリを研ぎ研ぎ

キ◯リトールの容器でサビも取ーる

テンヤのカラー

テンヤにはさまざまなカラーがあり、釣果を左右することもあります。正直、記者も何が正解なのかは未だに謎です(笑)。一例としてカラーセレクト法を紹介しますが、釣りをするエリアによってテッパンカラーがあったりすることも。カラーだけに、イロイロと試してみてください。

色には「波長」があり、この波長が長いと浅い水深から色が減退していきます。短いと深い水深まで色が残ると…超ザックリ言えばそんな感じです。

澄み潮、晴れ、マダイの警戒心が強い時、海中の光量が多くアピールしまくる色に興味を示さない時には、赤、無塗装などが効果的といえます。逆に濁り潮、曇天、深場、朝イチのマヅメ時など、海中光量が少なくテンヤを見つけてほしい時にはグロー(夜光)、オレンジなど。ほかにも周年安定した釣果を出すゴールド系、ハマると強いグリーン系なども揃えておきたいところです。

ニュース一覧に戻る