釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【驚愕!鹿島沖でマダイ11kg】ひとつテンヤで!PE0.3号で!記録モノが浮上

ついにやってくれましたね!茨城・鹿島港の植田丸さんの一つテンヤマダイ船で5月6日、モンスタークラスのマダイが上がりました☆

その重量ジャスト11kg(釣り人は山口さん)!同宿のレコードは10kgで、これは5年前の話だそうです。早速同宿の植田竜也船長に電話で話を聞いてみました。ちなみに自身も一つテンヤマダイ大好きで、色々と自由にやらせてくれる釣り人の気持ちが分かる船長でもあります。

プルルルル(電話音)…
達也船長「もしも~~し」
記者「船長おめでとうございます」

すぐにピンときたようで、「ありがとうございます。やっちゃいましたね」と照れくさそうに状況を話し始めてくれた船長なのでした(意外とシャイ)。

水深35mライン、底から2-3m上、リフト&フォールで落としている最中にヒットした一発だそうで、やりとりは「15-20分くらいはやっていたかな」とのことです。

そんな話の中でビックリ仰天したのがPEラインはナント0.3号!通常の一つテンヤだと0.6-0.8号程度が主流なのですが、この11kgを釣り上げた山口さんはいつもPE0.3号なんだとか(ちなみにリーダーは1.75号)。

細いラインで大ダイが釣れる、まさに一つテンヤの楽しみがギュギュッと詰まったメモリアルな1尾になったことでしょう。

船長は「上がってきた瞬間は長さはそんなにないけど幅があって、久々に興奮しましたよ。でも11kgもあるとは思わなかったです」と話してくれた。

ちなみにですが、植田丸では毎年恒例のマダイダービーを開催中。まだまだダービーは続くのですが………この記録を超えるのはちょっとキビしすぎやしないかい(笑)

植田丸の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る