釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

初めてのタチジギにもグッド!ジャッカル「アンチョビメタルTYPE-ZERO」

Reprinted Source:LureNewsR

タチウオジギングで実績の高いジャッカルのメタルジグ「アンチョビメタル」に「TYPE-ZERO」が新たに仲間入り☆

アンチョビメタルTYPE-ZER0・タチウオパープル

これまでTYPE-ⅠTYPE-ⅡTYPE-Ⅲとリリースされているアンチョビメタルですが、TYPE-ZEROの特徴はどんなところでしょうか。その前に、Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ各タイプの特徴をおさらいしてみましょう。

これまでのアンチョビメタルの特徴

スピード アクション
アンチョビメタルTYPE-Ⅰ 速い
アンチョビメタルTYPE-Ⅱ 遅い
アンチョビメタルTYPE-Ⅲ 遅い

アンチョビメタルTYPE-Ⅰ…フォールスピードが速く、それを生かしたリアクションバイトも狙える。アクションとしては振幅を抑えたタイプ

アンチョビメタルTYPE-Ⅰ・レッドゴールドストライプ

アンチョビメタルTYPE-Ⅱ…ヒラヒラと落ちていき、フォールアクションで魅せる。ワンピッチジャークではType-Ⅰと比較すると、よりワイドにアクションするハイアピールモデル。タナが絞れている時に重点的に攻めたり、スロージギングスタイルにもマッチ

アンチョビメタルTYPE-Ⅱ・ステルスブラック

アンチョビメタルTYPE-Ⅲ…フワフワとスライドフォールしながらゆっくり誘う。一方でスリムな円柱形状でアクションは最小限。タフコンディションのタチウオに違和感を与えず食わせることに向く。

アンチョビメタルTYPE-Ⅲ・パープルグローストライプ

さてさて、それではTYPE-ZEROの特徴です。

原点回帰のZERO。誰もが使いやすいジグ!

TYPE-Ⅰ、TYPE-Ⅱ、TYPE-Ⅲはそれぞれ特徴があり、例えばフォールの速い「Ⅰ」でまずはレンジを探り、レンジが分かったところで、狭いレンジを集中的に攻められる「Ⅱ」でネチネチ攻め、そして魚がスレた時には、そういったタフコンに威力を発揮する「Ⅲ」で攻めるといった使い分けができます。

ところが、タチウオジギングはそういった戦略的にゲームを組み立てられる人だけの釣りではないハズ!もっと手軽にたくさんの人に、この釣りを楽しんでほしい、そんな思いから生まれたのがこの「TYPE-ZERO」なのだそうです。

つまり、TYPE-ZEROは「これからタチウオジギングを始めたい」という人がとっても使いやすいメタルジグなのです。原点回帰のZERO、そんな意味も込められています。

フォールスピードと、アクションの大きさから見てみると、両極端な特徴を持つ「Ⅰ」と「Ⅱ」の中間といった位置づけ。フォールスピードは速くもなく、遅くもなく。アクションは小さくもなく、大きくもなく。そんな特徴があります。

丁度真ん中、コレが「基準」になる、そんな意味でもZEROというネーミングはピッタリですね。初めてのタチウオジギングにおいては「迷った時にはコレ」的な万能メタルジグなのです。

フォールアクションでは適度にパラパラ…といった感じで動き、ワンピッチジャークではバタバタと絶妙に暴れて誘ってくれます。

裏表のみならず、両側面にまでホロが入ったこだわり塗装です。裏表、両サイド、4つの面の明滅ときらめきでタチウオを誘惑します。

誰もが使いやすくて、基本性能をギュギュッと高次元で詰め込んだアンチョビメタルTYPE-ZERO、要チェックです☆

カラーは全10色。ウェイトは80、100、130、160、200g。本体価格630~1,160円。

吉岡進プロによる解説動画もどうぞ☆

ニュース一覧に戻る