釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

10月発売予定のシマノ「XEFOタックルバッグ」の充実機能に期待しちゃう

出典:シマノ

シマノから10月発売予定となっている「XEFOタックルバッグ」が気になります。これまでシマノから発売されているタックルバッグ(バッカン)の新しいモデルでも、例えばショルダーベルトが防水で、なおかつ手持ち仕様に変更できたり、そもそも強度の面でもタフで、愛用者も多いことと思います。

では、このXEFOタックルバッグはどんなところがさらに充実したのでしょうか。色々と充実機能があるのですが、中でも2つの機能に期待しちゃいます。

1つ目はロッドホルダーが装着されていること。状況に応じて複数ロッドを持ち込んで釣りをするアングラーの皆さんも多いと思います。

そして、このロッドホルダー、高さのある設計になっているのです(ココ重要)。実はロッドホルダーを付けたものの、ロッドホルダー自体が浅過ぎて、ちょっとした振動などで、差していたハズのロッドがパタリと倒れる…。そんな経験ありませんか?

XEFOタックルバッグのロッドホルダーは上下でホールドしてくれるのでそんな心配がないのです。マイタックルバッグにロッドホルダーが付いていることで、すぐにロッドが交換できるのも嬉しいですよね。「船にロッドホルダーがない~」とか、「ロッドホルダーの場所遠い~」といった困り顔をしなくても済みます。

もう一つがインナートレー。タックルバッグのフチにインナートレーを装着できる仕組みで、よくありがちなタックルバッグの中にトレーが落ちて…というストレスともおさらば。さらにはこのトレーがスライドするので、扱いやすいですよね。

インナートレーはバッグのフチにハメられ、スライド式となっている

この2点が最大の特徴といえるのではないでしょうか。もちろん、雨や水しぶきが侵入しにくい、防水ショルダーベルト、ワンタッチでショルダー(肩がけ)とハンドル(手持ち)に切り替えられるショルダーハンドルシステムなどなど、魅力的な機能はほかにも満載です。

ショルダー仕様にできたり…

手持ちにもワンタッチでできちゃう

ちなみににショルダーベース部分には「Sephia船縁エギポーチ」が装着できる仕様みたいですよ。船のエギングなどにもイイですね!

Sephia船縁エギポーチ(別売り)が装着可能なショルダーベース部分

カラーはネイビーとタングステン。どちらも27L(2.765kg)と32L(3.040kg)あり。本体価格は27Lが13,500円、32Lが14,500円。

こちらがタングステン。ネイビーに比べて一回り小さいなんてことはないのでご安心を(笑)

ニュース一覧に戻る