釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【関西波止釣り場REPORT】和歌山・下津港「牛が首周辺」でタチウオ絶好調!

各地の釣具店スタッフが現場の生情報をお届けする「関西波止釣り場REPORT」。スタッフさんが「今行くならココ」なポイントを紹介してくれますよ。皆さんレッツゴー!!

昼間でもタチウオ!ボイルが見られることも!

今回紹介するのは下津港の牛が首周辺です。ここは水深もあり、ベイト次第では昼間でもタチウオが釣れます。最近はタチウオがボイルするほど、かなりの群れが入ってきており、ほとんどの人が2ケタ釣果です。

狙い方はマヅメ時はワインド、テンヤなどで手返しよく狙い、暗い時間帯はウキ釣りがメインです。昼間に釣れる時は20~30gのメタルジグでボトム付近を狙うとアタリが集中します。

夜のウキ釣りはタナ1~3ヒロで、エサはサンマの切り身、キビナゴがオススメです。テンヤはキビナゴ、ドジョウがよいです。テンヤの場合、タチウオの尻尾をテンヤに巻いても釣れます。

ルアーはワインドとメタルジグ。ワインドはパールホワイト、グロー、ピンクが安定して釣れます。イワシがいる場合は、ブルーやシルバー系も効きます。メタルジグはブルー、ピンク、ゼブラグロー。

アクションは、活性が高ければ早いテンポで動かすとよいです。渋い時はスローなアクション後にテンションフォールやスローリトリーブを加えるとアタります。メタルジグはスローなワンピッチジャークとタダ巻きがメイン。ワンピッチにタダ巻きをまぜたり、フリー、テンションフォールをまぜてパターンを見つけると釣果アップに繋がります。(情報提供:つり具のマルニシ和歌山インター店)

ニュース一覧に戻る