釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

掛からなかったタチウオが掛かる!?ジャッカル「アンチョビドラゴンテンヤ即掛けver.」が間もなく登場!

パープル/グローストライプ

ジャッカルから「アンチョビドラゴンテンヤ即掛けver.」がリリースされる(11月予定)。「即掛けver.」とはこれいかに?ノーマルと比べてどんなところが違うのか?駆け足で解説していきます。

最大の違いは、ハリの長さ。ノーマルとくらべて30%ほど短い、ショートシャンクなのです。これによるメリットは、フックポイントが近くなること。エサの腹付近をめがけて食ってくることが多いタチウオだが、ショートシャンクゆえに、タチウオが食ってきたところとハリがすぐ近く。そのため、アタリから素早く掛けやすい設計になっているそうだ。

ノーマルと比較して約30%短針化

また、もう一つ姿勢にも変化があり、ノーマルと比べて尻下がりとなる。これも、やはりフックポイントが近くなり、タチウオが下からコツンとアタックした時にオートマチックに掛けにいきやすい設計となっている。

 

姿勢はやや尻下がり。コツンとタチウオが下からアタってきた時に掛けやすい

また、ショートシャンクだけに、小型のエサやワームなどを装着するのにも対応してくれるので、食いが渋いなんて時にそれらのエサやワームで攻略するという方法もアリですよね。

テールアイにはフラッシャーやブレードなどが装着できる。※カスタマイズの可否は必ず遊漁船の船長に確認を

発光チューブ挿入口搭載

ウェイトがひと目で分かるのもうれしいところ

30号(110g)、40号(150g)、50号(190g)のラインナップで6カラー。

ジャッカル・吉岡進プロの解説動画も御覧ください!

ニュース一覧に戻る