釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【動画配信】クレイジーオーシャン・メタボスイマーでタチウオジギング!錦江湾では指10本のドラゴンも

Reprinted Source:LureNewsR

クレイジーオーシャンのメタルジグ「メタボスイマー」を使ったタチウオジギングの動画が配信開始となりました。ぜひご覧くださいませ!

ロケの舞台は大阪湾(釣人家西宮本店にて実釣)。メタボスイマーを使ったタチウオジギングで、釣行するたびに竿頭を取っている、クレイジーオーシャン・プロスタッフの津井敏之氏が、メタボスイマーの使い方を披露してくれました。

クレイジーオーシャン・プロスタッフ津井敏之さん

メタボスイマーは元来、タチウオ専用を謳って世に出たアイテムではなかったそうな。ただ、津井氏は、「このフォール姿勢ならタチウオにメチャ効くハズ」とピンときていたそうで、実際にタチウオを相手に使ってみると、タマランほど釣れたそうです。

衝撃の指10本ドラゴン

さてさて、動画撮影後日には、衝撃的な報告がありました。クレイジーオーシャンの太田武志氏が、愉快な船長(?)やそのお仲間たちと鹿児島へ。錦江湾で超特大ドラゴン狙いを敢行すると…。

鹿児島県鹿屋市のあき丸にて錦江湾で実釣。メタボスイマー160gで長尾氏がキャッチしたドラゴンがこちら

メタボスイマー160gを使っていた同行の長尾氏にナントびっくり、全長165cm、指10本の、神龍サイズ!?のタチウオが釣れたそうです。

その時の模様はクレイジーオーシャンHPのフィールドレポートで掲載されています。興味のある方はチェック!

【鹿児島でタチウオジギング ドラゴン10ゲット!!】

メタボスイマーの特徴

メタボスイマー・パープルキングローベリー

メタボスイマーは、左右対称設計。ところが上下(ボディの腹側と背側)はウエイトバランスが大きく違う。背中側にはエッジがあり、肉厚を抑えた設計。フラット部分は腹側の一部だけという形になっていて、バランスを崩す瞬間にトリッキーアクションを演出する。

タチウオジギングでの使い方

そんなメタボスイマーのタチウオジギングにおける使い方の一つとして、しっかりフォールを作ることを津井氏はオススメしています。メタボスイマーは、同じくクレイジーオーシャンのジグ「オーシャンフラッシュ」と比較すると、それほどダートせず、フォールではセンターバランスのため、水平フォールでゆっくりとタチウオにアピールします。

そして、比較的ダート幅が狭い&ゆっくりな水平フォールというのは、タチウオにとっては的を絞りやすい動きになります。

ダートの大きいジグだと、タチウオが的を絞りきれずにミスバイトする確率が高くなります。つまりジグに狙いを定めて捕食しにいったハズが、狙いを外してラインなどに触れてしまう。そうすることでラインブレイクが起こる。「うわっ、切られた」というやつがそれです。

このメタボスイマーのアクションはダートし過ぎず、フォールも水平で、タチウオが狙いを定めて食いに来た時に、それが素直にジグに食いついてくれる。だからフッキング率がよく、ジグのロストも少ない要因となっているわけですね。

手軽に楽しめるイージーなタチウオジギング。メタボスイマーを使ってチャレンジしてみては!?

ニュース一覧に戻る