釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【関西波止釣り場REPORT】大阪・南港Jグリーン タチウオはこれから!

これから盛期を迎える穴場かつ好場

大阪湾岸で人気のターゲットのタチウオ。11月にもなれば、ポイントによってムラが大きく、釣果も落ちてくる。だが、大阪南港のJグリーンでは、11月頃から盛期を迎えるので行かれたことのないタチウオ釣り師は要チェックだ。

乗船場から約5分の湾奧のポイントだが、水深が深い所で10m以上もあり、北西風で寄せられたベイトとタチウオが溜まるポイントだ。

ここでのタチウオのパターンはウキ釣りやワインドでも狙えるが、数釣りで圧倒的に有利なのがドジョウの引き釣り。

夕方の時間帯は3~4号のテンヤを遠投して底から探っていき、日が沈むに釣れてタチウオが浮き出すので、テンヤを軽くしていくとよい。

活性が高い時は表層でのバイトも多く、逆に活性が低いと底ベッタリのため、全層をチェックしたい。

シーズン後半はメーター超のタチウオが毎日のように複数尾上がるので、抜き上げ時に重さに耐えられるしっかりしたロッドを使うとよい。

シーバスロッド9.6フィートにスピニングリール2500番、PE1.2号、メインで使用するテンヤは2~3号、エサはもちろんドジョウだ。(情報提供:Tポート南港店)

Tポート南港店の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る