釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【福井県・三国】ズッシリ重量級のアオリイカを狙おう!

10月中旬の編集部取材時に上がった胴長26cmのキロ級

福井県・坂井市、三国のシーライオンでは今季から本格的にナイトティップランが始まっている。片舷乗船のドテラ流しで、セオリー通りのティップラン船だ。

状況にもよるが、11月いっぱいまではキロアップもまじる良型狙いの好期といえそうで、ズッシリ重量感タップリのアオリイカを繊細なタックルで乗せてみては!? 基本タックルとシーライオンの水口船長に聞いたワンポイントアドバイスをまとめてみたので参考に。シーライオンのナイトティップラン便は4人からの出船、出船はお問い合わせを。

10月中旬の編集部取材時にはトップで20パイ。今後は良型が多く交じると予想される

タックル
日中のティップランで使う道具立てと同様でOK。
竿…ティップラン専用竿6~7フィート前後
リール…2500~3000番の小型スピニングリール
道糸…PE0.4~0.8号
リーダー…フロロカーボン2~2.5号1~1.5m(道糸とリーダーは直結)

エギ
リーダーの先に付けるエギは、水深や潮の速さに応じて。三国沖を例に取ると、水深10~30m、そして水温が下がるとさらに40m以上の深場を攻めることも視野に入れておきたい。ティップラン専用エギで25~50g前後、3.5号をメインに考えてよい。いわゆる仮面シンカーなど、通常のエギにシンカーをプラスするアイテムもあり。目安は投入から3回は底が取れる範囲(個人として着底が分かる範囲)で軽いものを選ぶこと。

ワンポイント
ナイトゲームであっても底から誘うのが基本。底から5mも誘えばOKだ。1つのシャクリにリールを1回転させる基本アクション「巻きジャクリ」を3シャクリ&ステイ×2セット、または5シャクリでステイさせる。巻きジャクリでエギを動かし、ステイでしっかり動きを止めるメリハリのある動きを意識しよう。

ステイの時にアタることがほとんどで、ステイは3~5秒をベースに、ロングポーズでも10秒ほど。アタらなければ次のアクションに移ろう。

グッドサイズの多い時期となるので、アワセがきくように、ドラグはある程度は締めておく。しっかりシャクった時にジッと出る程度が目安だ。

フォローアクション
アタれば即アワセが基本のティップラン。それでも百発百中乗るのは相当の腕達者だ。乗らなかった時は、即フォールさせるのが効果的。アワせて乗らなかったアオリイカ、またはその周りにいると予想されるアオリイカが付いてくる可能性がある。着底したらすぐさま2、3回巻きシャクリを入れると乗ることが多い。

隣でヒットしたら即落とす
また、フォローアクションと同様の原理で、隣でアオリイカがヒットした時も即フォールさせて着底から誘うとヒットすることも多い。

シーライオンの詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る