釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【関西波止釣り場REPORT】兵庫・東二見人工島「白灯波止」でカレイ

各地の釣具店スタッフが現場の生情報をお届けする「関西波止釣り場REPORT」。スタッフさんが「今行くならココ」なポイントを紹介してくれますよ。皆さんレッツゴー!!

波止から手軽にカレイが狙える

これからの季節、「カレイ」が狙えるのが兵庫県東二見人工島の白灯波止。「二見ガレイ」など呼ばれ、風物詩ともいえます。ファミリーフィッシングで人気のあるポイントですが、例年10月下旬から脂の乗ったカレイ(マコガレイ)が狙えます。

ここで40cmクラスの実績が高いのは南側のテトラ帯ですが、白灯波止はアベレージは下がるものの数釣りが望める穴場的スポット。

落ちギスの実績も高いポイントでもあり、20cm前後をメインに25cmクラスの良型キスが顔を見せてくれることも珍しくありません。

東二見人工島の白灯波止

有料駐車場から釣り場まで少し距離があることから釣り人も少ない傾向にあり、比較的のんびりと投げ釣りが楽しめます。虫エサはやはり本虫(マムシ)がイチ押しですが、今年は例年より水温が高く、フグや小ダイなどのエサ取りが多いことから、赤イソメや石ゴカイの需要もまだ多いです。また、潮が非常に速いため、天ビンのオモリは30号前後のスパイクタイプを用意しておくことをオススメします。(情報提供:まるは釣具二見店)

まるは釣具二見店の詳しい情報を見る

 

ニュース一覧に戻る