釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【関西波止釣り場REPORT】兵庫・西宮浜「石畳」で落ちバネ釣り

各地の釣具店スタッフが現場の生情報をお届けする「関西波止釣り場REPORT」。スタッフさんが「今行くならココ」なポイントを紹介してくれますよ。皆さんレッツゴー!!

大阪湾名物「落ちバネ」釣り

木枯らしが吹き始めるこの時期から水温が下がり始めて、20度から18度を切ってくると、大阪湾名物の「落ちバネ釣り」が始まってきます。

兵庫県西宮周辺のオススメポイントは、西宮浜の石畳一帯。大型のスズキクラスが深場に落ちていく前に荒食いをします。イワシなどの小魚を食べていますが、シラサエビにも反応してきます。タックルは磯竿の1号前後で狙いますので、スズキやハネが掛かると、大きく竿が曲がり、スリル満点のやり取りができます。

西宮浜石畳水道の風景

マキエは、半日の釣りならおよそ2000円分のシラサエビを撒きながら、釣るとよいでしょう。ウキは高感度の棒ウキを使えば、小さな前アタリやウキが一気に消し込む反応が楽しめます。

今回紹介した石畳周辺は水深が浅いので、タナはウキ下2ヒロ前後で狙ってみてください。同じ仕かけにチヌやキビレもまじってくるので面白いです。(情報提供:尼エサ西宮店)

尼エサ西宮店の詳しい情報を見る

ニュース一覧に戻る