釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【関西波止釣り場REPORT】大阪・南港「シーサイドコスモ」でフカセチヌ盛期

各地の釣具店スタッフが現場の生情報をお届けする「関西波止釣り場REPORT」。スタッフさんが「今行くならココ」なポイントを紹介してくれますよ。皆さんレッツゴー!!

12~3月は最盛期!ヒットすれば大型高確率!!

大阪南港のチヌ(クロダイ)のフカセ釣りの最盛期は、例年12~3月ごろ。エサ取りが少なく釣りやすい上に、ヒットすれば大型の確率が高い。重量感ある引きで竿を絞り込んでくれる。

南港でのチヌポイントは足場の高い護岸が多く、波止際やかけ上がりを釣るスタイルだ。仕掛けは、小さいアタリも取れる棒ウキが主流で、底を狙うために1号程度の重たい仕かけまで用意したい。マキエは、まとまりがよく比重の高い配合材とオキアミで、サシエはオキアミやネリエがメイン。

タナ取りオモリで正確にタナを測ってウキ下を底付近に合わせ、ポイントにマキエを数投する。マキエが溜まると、そこがポイントとなるので投入点はかえない。

シーサイドコスモは、基本的に足元がポイントとなり、潮の効き始めや流れが変わるタイミングで釣れることが多い。釣り場に安全柵があり、竿を出すのに邪魔なため、フカセでチヌ狙いの釣り人が少ないのも魅力的だ。チヌがヒットすると必ずと言っていいほど足元のスリットに突っ込むので、しっかり竿を立てて持ちこたえよう。

ここは北西風をまともに受け、冬場は竿が出せる日が少なくなるが、コインパーキングやコンビニが近く、ロケーションがよいのでオススメだ。(情報提供:Tポート南港店)

Tポート南港店の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る