釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【超入門】潮岬沖の寒グレ・基本的な釣り方

本州最南端、和歌山県は潮岬! その潮岬沖ではグレ(メジナ)を流し釣りで狙う絶好機に突入します。

串本町・袋港の和田丸は、このグレ釣りを得意とする船です。現在も1人で20尾前後の釣果が出ていますが、今後さらに調子が上がっていくことが予想されます。

さて、そんな寒グレの流し釣りですが、1流し1投が基本となり、いかに手返しよく釣るかの勝負となります! トラブルなく投入してうまく連打させましょう。

1流し1投で浮いたグレをテンポよく狙っていく上で、まずは船長の合図と同時に仕かけを投入することがキモになります。投入が遅れると、仕掛けが投入されたころにはすでにポイントを過ぎているなんて、悲しいことにもなりかねません。

というわけでトラブルなく仕掛けを投入するのがキーとなります。そんな時にあまり長い仕掛けだとさばきづらいので、仕掛け全長4.5m前後までに抑えておくとよいでしょう。

仕掛けは全長3~4.5m。ハリは伊勢尼11~12号、グレ10号などの2、3本バリ

ダブル、トリプルで掛かるとなかなか引きも強烈。電動リールが主流だ

マキエはオキアミを使用する

マキエカゴの窓は全開。タナに入ってシャクればすぐに濃く撒けるような調整を

付けエサのオキアミはハリの軸に沿って丸く1匹掛けにする

タナは基本的に船長指示に合わせればOK。ただし、エサ取りにサシエが取られる場合は微調整でタナを上げると効果的。

タナを取ったらすぐにマキエを撒いてアタリを待ちます。アタリがなければ、竿をシャクって誘いを掛けます。食いが立っている時はすぐに答えが出ますが、食い渋る時は誘いを頻繁に入れた方が効果的です。

ちなみに、和田丸では無料仮眠所もあるので、遠方の人でも前乗りすることが可能です。足を運んでみてください。

和田丸の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る