釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【鳴門海峡タイラバ】これから大型狙いの好期

鳴門海峡のタイラバは、大型マダイ狙いの好期となっていきます。徳島・鳴門亀浦港の釣り船つるぎでは、4月1週目に70cmオーバーのグッドサイズが上がっていました。

潮回りなどもあって、数こそ派手に釣れているワケではないですが、釣れれば平均してサイズのよいマダイが多く、前述の通り大ダイもヒットしています。

深場がメイン、ボトム付近にいることも

狙うポイントはさまざまですが、基本的には水深70m前後から、時に水深100m前後となることもあり、深場といえます(もちろん日によっては浅めで良い食いを見せる時もある)。

水温が上がりきっておらず、ボトム付近に居付くことも多く、レンジは底付近を重点的に10m前後までは誘ってみましょう。もちろん誘うレンジも日により違い、それを探るのもタイラバの楽しいところ。

巻き速度もしかりで、これも日により違いがあるものの、どちらかといえばややスロー寄りのスピードが良い傾向にあります。

巻き速度を探るのもまた、タイラバのオモシロイところですが、注意したいのは「イカパターン」の時。具体的にはミミイカなどに偏食している時で、そんな時は明らかにデッドスローな巻き速度にヒットする確率が高いぞ。

小さなシルエットは不利!? ワーム系も有効

また、積極的にエサを食うことが多い今時期は、下手にシルエットの小さなタイラバを用いないのが吉。タングステンよりも鉛製のヘッドの方が、マダイが見つけさえすれば食ってきやすい。

ジャッカル・鯛ペケ

フィッシュアロー・フラッシュJスクイッド 3.5″SW

もう1点、使用する人も多くなってきた、フックに装着するワームなどのトレーラー、これは結構効果的なことも多いです。フックにチョン掛けすれば、潮の流れや巻きの上手い・下手に比較的影響されず、ワーム自体が誘ってくれるので、ビギナーにもオススメです。

そんなところを意識しながら、鳴門のデッカいマダイをゲットしてみてください!

釣り船つるぎの詳しい情報を見る

 

 

ニュース一覧に戻る