釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

ボートエギングで大型アオリイカが好調なエヌテックマリン中井船長にインタビュー!

春のボートエギングは、大型のアオリイカが狙えるので、毎年楽しみにされている方も多いですよね。

そこで、レンタルボート店として有名な三重県のエヌテックマリン・中井船長に、現在の様子を聞いてみました。

大きいアオリイカが釣れていますが、現在の状況を教えてください。

「アオリイカが浅場に上がってきており、春らしくなってきました。水深10~15m、深くても20mまでで釣れています」

「ティップランで狙うか、キャスティングで狙うか、悩む水深です。なので、風が強めの時はティップラン、弱めの時はキャスティングと使い分けるのがオススメです」

アオリイカのサイズは?

「800g前後を主体に、大きいので1.2~1.5kgが上がっています。一昨年は4kgアップ、昨年は3kgアップが上がりました」

デカいアオリイカが釣れるのは突然ですか?

「釣れた日を思い起こすと、潮の色が物凄く青くて、キレイな潮が入ってきた時のような気がします」

「この時期、水温がかわりやすいんですが、急に水温が上がった時は悪い時が多いです。なので、水温が安定している時がチャンスです」

春にアオリイカを釣るためのコツは?

「ティップランを好む方が多いのですが、春は産卵を意識したイカが浅場に上がる性質があるので、状況に合わせてキャスティングもやってみた方がいいです」

好シーズンはいつまででしょう?

「例年通りなら梅雨時に大きいのがよく釣れるので、6月いっぱいは十分に楽しめそうです」

エヌテックマリンの詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る