釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【巻くだけジギング】ブレードが効く!!誰でもカンタン、イロイロ釣れちゃう

ジグを落として巻くだけで、マダイ、根魚、青物!

このところブームになる釣りって、釣り方自体はシンプル!ってことが多いと思いませんか? その釣りにエントリーしようかなと思っている時に、「私でもできそう」って思わせるのは大切な要因だと思います。

そんなワケで今回は「巻くだけジギング」を。その名の通り、リールを巻くだけ。それでいてさまざまな魚が釣れてしまいます。ジギングとか、エギングとか、アジングとかingがつくと敬遠がちになってしまう皆様でも、きっとすぐにエントリーできるはずです。

巻くだけジギングを可能にしてくれるのが、クレイジーオーシャンのメタルジグをブレードチューンしたもの。

クレイジーオーシャンノメタルジグ「オーシャンフラッシュ」のリアフックに注目。ブレードがついています!

具体的には、「オーシャンフラッシュ」「メタボスイマー」といったメタルジグのアシストフックに「フラッシュアシストブレードチューン」を接続します。

こちらが「フラッシュアシストブレードチューン」。ブレードはゴールドとシルバーの2カラーあり

あとはジグを一度底まで落として、リールを巻くだけ。タイラバみたいなイメージです。それだけでマダイや青物、根魚など多彩な魚が釣れます。

ブレードチューンしたメタルジグの使い分け

そんなブレードチューンしたメタルジグですが、状況によって使い分けると、さらに効率よくいろいろな魚が釣れるハズ!

「オーシャンフラッシュ」と「メタボスイマー」のブレードチューンの使い分けは以下の通りです。

あぜっちが手にする、オーシャンフラッシュのブレードチューン

オーシャンフラッシュブレードチューンの使いどころ
オーシャンフラッシュのブレードチューンは、以下のような状況で活躍します。
①潮が緩めでジグがまっすぐ(バーチカルに)落ちていく時
②船を立てている時

太田武志さんが手にしているメタボスイマーのブレードチューン

メタボスイマーブレードチューンの使いどころ
①潮が比較的速い時
②メタルジグが斜めに落ちていく時

オーシャンフラッシュは、海中で落ちていく時に、横回転をしながらキラキラと落ちてアピールします。そして、着底して巻き始めたら、ブレードのキラメキでアピール。フォールとリトリーブ(巻き)でダブルアピールするハイアピールセッティング。

一方でメタボスイマーは、フォール時はさほどアクションせず、リトリーブでブレードがアピールしますが、どちらかといえばナチュラルに誘うローアピールセッティング。ちなみに電動リールを使ったメタボスイマーブレードチューンの「電動タダ巻き」はかなりマダイに効果的!

メタボスイマーブレードチューンの「電動タエダ巻き」でグッドサイズのマダイをキャッチした太田武志さん。マダイにはメタボのブレードチューンが効く!

オーシャンフラッシュのブレードチューンで、キジハタ(アコウ)。根魚にも強い!!

青物も! 青物は軽くシャクリを入れるとより効果的。タダ巻き以外でも活躍します

また、タダ巻きでいろいろな魚が釣れますが、例えば青物なら軽いジャークを適度に入れた方がよかったり、カサゴ系が多い時は、竿の上げ下げでトーン、トーンと底をノックするようなアクションが効果的なこともあります。

巻くだけで簡単に始められますが、状況に応じてジグのチョイス、魚によってアクションなども工夫していくと、より楽しいと思います!!

 

 

ニュース一覧に戻る