釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

がまかつのNEWタチウオテンヤ竿に注目

 

がまかつから7月上旬に発売が予定されているのが、関西圏を中心に人気のタチウオテンヤ専用竿「タチウオテンヤSR」です。2タイプあり、タチウオの活性が高くバンバンアタってくる時に好適な「掛けアワセ」と、アタリが出にくい、アタっても乗らないなんて時にハマる「乗せアワセ」の2タイプ。どちらも全長は1.75m。

掛けアワセ
カーボンソリッド仕様でスーパートップ採用。感度とパワーを兼ね備え、積極的にテンヤを動かし、どんどんアワせていく釣りに向きます。このスーパートップが優れモノで、粘りがありつつ強度もあるため、意外とありがちな、タチウオ取り込み時の穂先の破損トラブルの防止にも役に立っちゃいます。

スーパートップイメージ

乗せワセ
グラスソリッド使用。反発力の少ないグラスの特性を活かした、静かな誘い、食わせの釣りに向く。モタレ、居食いといった「タチウオ渋い時あるあるシチュエーション」にもマッチ。「食わせて…食わせて…」という釣りで違和感を与えない機種ですね。

2機種の比較

 

「がま船タチウオテンヤSP」との違いをおしなべて言えば、SRの方が若干軟らかめ。SPは全体的に張りを出したモデルといえる。

ちなみに「SR」は竿の硬さ(調子)を表している。RはREGULARで標準、SはSTIFFで硬い、そしてSRは標準と硬いの中間を表しています。

タチウオのアタリは時期や、潮の影響、海中光量などで千差万別。そんなさまざまな状況に合わせて、2タイプをセレクトして釣ってみたいですね!

トップガイドはSiCリング、その他はアルゴナイトリング。穂先カラーはホワイト&蛍光オレンジ。オモリ負荷20~50号、自重115g。希望本体価格29,500円。

 

ニュース一覧に戻る