釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

スーパーライトジギングで「さぁや」が熱釣(三重・礫浦 三吉丸)

今、注目の船釣りジャンル・スーパーライトジギングに「さぁや」こと蒼井さやさんがチャレンジ。多彩な魚種を釣り上げ、強烈なインパクトを残してくれました。

スーパーライトジギングって?

「スーパーライトジギング」とは、その名の通り、ものすごく軽~いジギングのこと。具体的には狙う水深も浅く、使うジグも軽く、使うタックルも軽く、使うラインも細くと、いろいろライト、横文字がどうも…という人には、「チョイジギ」とか言った方が伝わりやすいかも…。とにかく、ラクに簡単に遊べるジギングと思ってもらうとOK。ちなみに何を釣るってことはないんだけど、メインターゲットは「イサギ」というエリアが多い

タックル

狙う水深が浅場とすると、キャストしてラインをナナメにして長くアピールしたいのでスピニングタックルが有効。ロッドは専用ロッドかバスロッド6~7フィート前後が使いやすい。ラインはPE0.6~1号。リーダーはラインが0.6号ならフロロ3号。0.8号以上ならフロロ3.5号程度で長さは1ヒロ半(キャストするので短めを)程度がオススメ。リールはラインが150m程度巻けるスピニングならOK。メタルジグはジグは30~50g(1~2オンス)が一般的。フォール中にもアタリが多いことから、フックは前後2本ずつの計4本仕様が一般的。

さぁやが使用していたらロッドは、自身のブランド【BLAUSEA】のオリジナルスーパーライトジギングロッド。6.5フィートでの繊細なアタリも取りやすく、タチウオや青物などの強い引きでも粘り強く耐えてくれる超グッドなロッド。ただ限定生産で今年度分が完売とのこと!

実釣ではベビージグレイ30g(ビート)とVスケール30g(ビート)がメインとなった。フックシステムは前後4本仕様がオススメ。スプリットリングは#3を使用

基本アクション

スーパーライトジギングの基本的なアクションは、まずジグを着底させてから、中層までワンピッチジャーク、竿を1回シャクって戻す時にリールを1回転巻くでオッケー。キャストした場合など、ジグが遠くにある時は大きくシャクること。フォールでバイトがある時は竿の長さを使って竿を寝かせてフォールさせること。この2点を注意すればさらにグッド

軽くシャクって…

竿を戻すと同時にリールを巻く

イサキはフォールに要注意

初夏から夏のメインターゲットとなることが多いイサキは、フォール中にアタってくることが多い。フォールスピード、アタったレンジを覚えておき、それを繰り返すことで連発することも多い。

何がアタるかお楽しみ

釣れる魚も非常に豊富で、思わぬ魚がヒットしてくることも多いから面白い。ぜひぜひチャレンジしてみてね。

キレイなお姉さんがデカいオジサンを釣り上げる…の図

ホウボウで色んな魚が釣れます…の図

きっとこの子はオオモンになるわ…の図

アカハタ。もう何も出ません

ガッシー

三吉丸

取材協力をしてくれたのは三重・礫浦(さざらうら)の三吉丸さん。船釣りだけでなく、筏釣りでも営業しており、筏釣りは9月2日まで小学生以下無料となっていますので、ご活用くださいませ!

三吉丸の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る