釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【タチウオ実釣movie】小バリが生む激釣劇!猛追太刀魚テンヤでバイト倍増

ヤマシタの新発想食わせ系テンヤ「猛追太刀魚テンヤ船鰯タイプ」を使って、ヤマシタスタッフの櫻井亮太さんと山中陽介さんが、船タチウオを激釣。その実釣動画を釣場速報YouTubeチャンネルにて配信しております。

まずは動画をご覧くださいませ!

いやぁ、本気で鬼釣りモードのお2人ですね!

良型タチウオから…

中型、小型タチウオまで

小さなシルエットと小さなハリが爆釣を生む

今回両名が使用したタチウオテンヤである、猛追太刀魚テンヤ船鰯タイプ(以下、猛追太刀魚テンヤ)は、非常にシルエットが小さいのが特徴だ。

4色のカラーラインナップとなった

左上が紫夜光ゼブラ、左下が夜光、右上がレッドブラック、右下がナチュラル

ヘッドは薄型、フックも小さい。コレが生み出す効果は、とにかくアタリの数が多いのだ。

薄型のナローヘッドでタチウオに違和感を与えない

タチウオテンヤは、テンヤのハリにエサを付けて使用する。猛追太刀魚テンヤは、エサ(イワシ)の頭を落としてセットする。つまり、テンヤのヘッドとエサが一体化して丁度イワシ1匹分…というようなシルエットの小ささ。

エサ(イワシ)の頭を落とす

エサ止めの串に差し込む

小さなシルエットとなる。小さなハリにも注目

ホントかよっ!タダ巻きで掛かる掛かる!

動画を見て、驚かれた人も多いと思う。基本的な釣り方は、ただただ…ただただ巻くだけっ! タダ巻きだけで「ホントかよっ!」というくらいバイトが出続ける。

タダ巻きだけで、タチウオが追い続けてくれる

そして、大きく穂先が入ったところで、フッキングというより、乗せるようなイメージで竿を立てると掛かっている。

違和感が少なく、タチウオが追い続けてくれる、まさにタチウオが猛追してくるテンヤといえる。

状況に応じたカスタマイズも楽しい

スナップを付けるアイの位置を変えるとテンヤの姿勢が変わる。攻撃的に掛けていきたい時やナチュラルに漂わせたい時など、状況に応じて変えられる

ヘッド上部のアイは3つあり、どこに接続するかで姿勢を変更できる。具体的にいえば、真ん中がノーマル、アタリから掛かるまでが早い時は前のアイに付けてハリとタチウオの距離を近くして効率的にする。アタリがあってもなかなかハリ掛かりしない時は、後ろのアイに接続して水平姿勢に近い状態にする。

タダ巻くだけで釣れる猛追太刀魚テンヤだが、こんなちょっとした変更だけで、さらに釣果アップが見込めるのが楽しい所かもしれない。

さらに猛追太刀魚テンヤをエグった記事は、10月6日発売の釣場速報・増刊号「船タチウオゲーム2018DVDボックス」にてお届けします!

取材協力
大阪・泉佐野 上丸
電話090-8383-6633

上丸の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る