釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

で~~~っかいイカ「タルイカ」が今季は絶好調!(福井県敦賀色浜港・竹宝丸)

タルイカ(標準和名・ソデイカ)を専用のジグで狙うタルイカゲームが福井県敦賀沖で開幕。今シーズンの個体数は例年にない抜群の濃さ! 小型から10kgオーバーの大型がポツポツとまじる状況。タルイカを1人で2ケタ以上釣る、という夢のような爆釣劇も展開されているので、巨大イカを狙うなら今がチャンス!

ということで、今回は岩城透氏のタルイカ基本攻略法をご紹介。

櫻井あこちゃんの11kgオーバーの大型タルイカ。名手・岩城透氏(左)と竹宝丸の竹腰優一船長(右)もニッコリ

基本タックル

タルイカ専用竿に、リールはPE1.5~2号のラインキャパが300m以上の両軸リール。ちなみに竿は専用竿がベストだが、専用竿の数が少ないのも事実で、ライトジギング用やタイラバ用、さらには7対3調子程度の船竿でも2.1m以内(誘いや取り回しなどを考慮して)のものなら流用可能。感度のよい穂先を持つ竿が、小さいアタリも見分けやすい。

ちなみに岩城透氏の具体的なタックルは以下の通り。

ロッド:スリープウォーカーASW-63B(アニサキス)
リール:ソルティガBJ200SH(ダイワ)

また、リールはシーボーグ200Jやフォースマスター600などの小型電動でも対応できる。リーダーはPE1.5号なら10号を、2号なら12号を5~6m取るとよい。

タルイカ用ジグは、潮の速さや狙うタナによって変わるが、150~210g程度でOK。カラーはグロー系を中心に数色用意しておくと、高活性時や低活性時など、さまざまな状況に対応しやすい。

タルブリッドの今期の新色、ハンチャングロー(上)とファントムブラック(下)

釣り方「ロングステイが肝」

タルイカ狙いは、船長から上と下の指示ダナが出るので、その指示ダナ間で誘い下げと誘い上げを繰り返す。岩城氏の基本的な誘い方は次の通り。

①上の指示ダナでクラッチを入れてソフトなシャクリを3~5回
②大きく竿1本分のロングジャーク→一気に竿先を下げてジグをフリーフォール
③ロングステイ(20~30秒)

これでアタリを待ち、アタリがなければ大きくシャクり上げてから5mフォール(目安はPEラインのマーカー)。以降5m刻みで下の指示ダナまで繰り返す。

ロングジャークからのロングステイ、これがタルイカ攻略のキモ

下の指示ダナまで探れば、今度は誘い上げ(指示ダナ下から上へ誘う)。誘いの手順は次の通り。

①最初に大きくアピールするロングジャークを入れる
②スロージギングのようなソフトなワンピッチジャークで巻き上げる
③最後にロングジャークからのフリーフォールでロングステイ(これも5m刻みが目安)

岩城氏いわく「タルイカへのアピールは、スローな誘いとロングステイがキモ。時には1分近く待つ超ロングステイも有効。また、タナが絞れてもマイカのようにタナ直撃で狙うのではなく、上下10m程度の幅を持たせて誘い下げて、あるいは誘い上げて狙ったタナまで追わせると、アタリがでやすい」。

ちなみに今回実釣した竹宝丸は、タルイカゲームに精通する竹腰優一船長が操船する。分からないことがあれば気軽に質問してみよう。

タルイカキャッチに喜ぶ竹腰船長。墨もしたたるイイ男!

 

 

竹宝丸の詳しい情報を見る

※この記事は週刊釣場速報10月12日発売号に掲載されたものを再編集したものです

ニュース一覧に戻る