釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【冬でもビギナーにオススメ】いわなの里永源寺グリーンランドでイワナ・アマゴ釣り(滋賀・東近江)

冬は寒いし…なんて釣りから足が遠のく皆様、まだ釣り経験が浅いから冬に釣りは…なんて皆様、管理釣り場はかなりオススメですよ。

今回はいわなの里永源寺グリーンランドでのイワナ、アマゴ釣りをご紹介!

管理釣り場では放流した魚を釣るので、魚がいないということはなく、家族連れでも楽しめます。また、施設によってはバーベキュー場などを併設していることも多く、釣って、食べてが一度に楽しめるのが魅力です。

魚は目の前で放流してくれる

ビギナーが釣りやすいのは人工渓流エリア。足場も安定している

自然渓流エリアは、自然の渓流をそのまま生かしたエリアで本格的な渓流気分!

永源寺グリーンランドも釣りはもちろん、釣った後に食べられるよう設備が整っていて、炭や魚に刺す串なども用意されています。もちろん釣りに必要な道具もレンタル可能。

魚をさばくスペースも設けられています

現在の目玉は40cm級の大イワナ!

さて、放流している魚種は季節によってかわりますが、現在永源寺グリーンランドで放流している魚で目玉となるのは40cm級の大イワナ!これを連日放流中です。

もちろん20cm前後のアマゴやイワナの24cm級なども釣れ、まったくのビギナーでも10~15尾前後は安定して釣れています。

40cm級の大イワナが現在の目玉!

タックルと仕掛け

出典:いわなの里永源寺グリーンランド

初めてならレンタルタックルがオススメ
タックルと仕掛けは図示したものが基本的な設定。初めてであれば貸し竿がオススメ。すでに目印の位置なども調整済みだからです。

マイロッドなら細い糸を使用することもあるので、軟らかい竿で魚の引きをしっかり受け止めながら釣るのがベター。人工渓流エリアでは竿の長さは3~4m前後、道糸はナイロン0.6~1号、ハリスは0.4~0.6号。

アマゴ狙いであれば目印はハリから70cmほどでオモリは2B、イワナ狙いであれば目印からハリまで1m、オモリは底に着けるために4Bがオススメだ。

エサはイクラを基本にイワナ狙いにはゴリ

エサの基本となるのはイクラ。2粒刺しだとエサ持ちがよくオススメ。針に刺す時のコツはイクラの粒をつかむと破れてしまうことが多いので、イクラを手の平に乗せて針で優しく刺すことがポイントだ。

対してイワナは魚食性が強いのでゴリを使うことが有効。エサ付けのコツはアゴ、もしくは口から針を通して貫通させるのがポイントです。

釣り方

イクラは流れに乗せる。ゴリは逃げる小魚を演出
イクラを使ってアマゴを狙う時は、エサを水の流れに入れてあげることがポイント。上流方向からエサを入れて下流に流して、仕かけが止まらないように竿も一緒にゆっくりと下流側に動かす。流れがなくなれば再度上流側から下流側に流していこう。

一方ゴリでイワナ狙いの時は誘いが少し必要になります。竿を上下させる誘いには反応が悪いので、逃げる小魚をイメージして左右に竿を動かして誘いを入れるのがコツ。

参考にして釣果アップに役立てて下さいね。

今回は永源寺グリーンランドの井出さんにお話しを伺いました!

※当記事は2019年1月11日発売の週刊釣場速報に掲載された記事を再編集、加筆したものです

いわなの里永源寺グリーンランドの詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る