釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

タチパターンでブリ、メジロ、ハマチ!!(兵庫・明石浦 魚英)

出典:魚英

兵庫・明石浦の魚英ジギングが好調。メジロ、ハマチ、そして時折ブリも顔を出し、良型サワラなどもまじっている。

魚英の船長に釣況を伺った。

船長は「ずっとタチウオパターンで釣れています」と話す。タチウオパターンとは青物がタチウオを捕食している時に起きるパターン。

というワケで、使用するメタルジグはタチウオにカラーやシルエットが似るシルバーのロングジグで釣るのがテッパンとなる。

ジギングロッドに道糸PE2号、リーダーは8~12号くらいが、ビギナーでもやりとりしやすくバラシの心配が少ない。慣れた人ならもう少しライトラインもありだろう。前述したジグだが、潮の速いポイントなどもあるので大体300gまでを持っておけば安心。

ジャークはスローめなワンピッチジャークを基本にするが、あくまで基本なので、周りのよく釣れている人を観察してその日のパターンを見極めて実践しよう。

※当記事は2019年1月18日発売の週刊釣場速報に掲載された記事を再編集、加筆したものです

魚英の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る