釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

マダイにメジロ!人気ターゲットが一度に釣れる魅惑の賀田沖(三重・糸川渡船)

リアス式海岸が広がる、三重県。その中でも尾鷲市の賀田湾は入り組んだ地形です。

湾内でも水深は最大80m前後、湾を出るとすぐ沖は100m以上の水深があります。

この地形のおかげで、賀田沖は魚影が濃くて魚種多彩の上、マダイやブリ、メジロが同じポイントで狙えます。

今回はそんな魅惑のエリア賀田沖で狙うマダイ&ブリのテンビンズボ釣りを、糸川渡船にて取材してきたので紹介します。

タックル&仕掛け

仕掛けは図の通り。また、エサはマキエ、付けエサともに生オキアミです。オキアミは抱き合わせで付けるのがよいです。

カゴ(ビシ)の中のオキアミは半分くらいにしましょう。入れ過ぎるとオキアミがうまく出なくなります。

釣り方

①船長の指示ダナ+仕掛けの長さ分の水深まで仕掛けを下ろす

②竿を2、3回シャクったらタナまでリールを巻く

③アタリがなければ1~3m巻いて上記を繰り返す

基本的に指示ダナでアタリがなければ、1~3m上げて誘います。底は根が荒く根掛かりするので、底には落とさないように。

アタリがあれば、すぐにアワせずにしっかりと食い込むまで待つのが鉄則。

また、船長が指示ダナをアナウンスした後、手際よく仕掛けを投入する事が釣果を伸ばす鍵となります。ポイントに入り直すたびに、エサをセッティングしておきましょう。

ここでは、同じポイントでマダイとメジロの同時ヒットや、メジロのダブルヒットも期待できますよ。春先まで期待できるのでみなさんもぜひ、釣りに出掛けてみて下さい。

最後に、当日の釣果をご覧ください。

 

糸川渡船の詳しい情報を見る

※この記事は2019年2月1日発売の週刊釣場速報に掲載された記事を再編集、加筆したものです

ニュース一覧に戻る