釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【攻略法解説】仏谷の筏チヌ!名手が怒涛の年なしラッシュ(福井・小浜湾仏谷/大住渡船)

3月1日に解禁した春の大チヌ場、福井県小浜湾仏谷。今期も開幕から大型が連発中だ。そこで今回は、約3年の休養を経て復帰した大チヌ師・藪邦正氏と大住渡船に釣行。そのブランクを全く感じさせない年なしラッシュで、仏谷の大チヌを完全攻略してくれた。

藪邦正(やぶ くにまさ)…三重県、日本海、四国など各地へ釣行し、大チヌ狙いで実績を上げるカカリ釣りの名手。オーナー・Zaitoフィールドスタッフ。マルキユーフィールドスタッフ

児島の筏に上がった藪氏、まずは底の様子を探るために、ダンゴを用意する前にカキのムキ身でチョイ投げ。水深は4mほどだが、前日の雨と強風で水は濁っていて中層以下は全く見えない。

藪氏はサナギやコーンの入った、粘りのあるダンゴで滞留させて魚を寄せる。その後は、上へ被せるように単発で小さなダンゴを打つ。しばらく気配がなかったが、8時過ぎにカキを触った。だが、エサが大きいのか食い込まない。そこで、エサを小さくしてボケにチェンジ。すると、穂先が入った。今度はバラさない。

タモに入ったのは目寸50cmあるかないか。メジャーを当てるとジャスト50cmあった。

イキナリの年なし!その後も「ウソでしょ!?」の連チャン

狙いの年なしゲットでミッションコンプリート!と思ったが、藪氏は内に野望を秘めていた。「年なし含めて2ケタ釣果」。数より型の、この季節の仏谷では高すぎる目標。だが、それが現実に近付いていく。10時頃、カキに触りが出始めると「濁りがあるので白く大きいエサがよい」と、前アタリからじっくりと待つ。やがて、ズボっと突っ込んだ。これは52cm。

そして次もギューン。一気にカキ棚へ走ったが、スムーズにあしらって水面にガバッと姿を見せたのは、超ビッグサイズ。検寸すれば、ナント実寸56cm(拓寸58cm)!!

56cmの大チヌまで登場!
この時期に高すぎるハードル「年なし含めて2ケタ釣果」達成は!?

「今は食いが立っているので、同じカキでも小さめがよい」と入れた次投は、エサ取りのような派手なアタリ。「エサ取りや」と、次のアタリで合わせるとギュン!! 「えっチヌ!?」で51cm。わずか30分ほどで、年なし3尾追加。

そして、12時過ぎにはカキ、ボケでエサが取られたのでサナギコーンにすると、きれいなチヌアタリがでて53.5cm。その後、25cm、46.5cm、37cmを上げた。

15時にはエサ取りが多い中、カキの中にサナギを埋め込んだカキサナギで狙っていると、外側のカキを突くエサ取りのアタリ。そして、カキからサナギが出たと思わしき直後に、しっかりと押さえ込むアタリで50cmを追加で計9尾。

夕マヅメに大台達成を期待したが、そこはご愛敬。それでも56cm頭に年なし6尾と、名手が復活の狼煙を上げるには十分な釣果となった。大チヌラッシュに沸く今期の仏谷は激アツだ!!

大住渡船の詳しい情報を見る
藪氏の攻略パターンは次ページへ
1 / 2
次へ
ニュース一覧に戻る