釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

良型主体に40㎝オーバーの大型マアジも狙える!!(三重県・国崎 勝丸)

4月も半ばに入り、もうすぐ待ちに待ったゴールデンウィーク。今年のゴールデンウィークは10連休だ。皆様、釣行の予定は立てられましたか? 今回は三重県・国崎沖で好調に釣れている大アジ狙いの天ビンズボ釣りを紹介。

今回、話を伺ったのは勝丸の坂口船長。釣果アップにぜひつなげてみて下さい。

こんな大型に出合えるかもしれませんよ!

30~40㎝級を主体に数釣りを楽しめる

最近の勝丸の釣果ですが、30~40㎝級の良型マアジを主体に数釣りの釣果が続々。

中には良型のマダイやヒラメ、イサギなどがまじることもあり土産も期待大だ。

タックルは軟調な竿で引きをいなして口切れを防ぐ

タックルだが、ロッドは7対3か6対4の船竿がオススメ。長さは3mくらいまでが扱いやすい。胴調子の竿を使う理由としてはアジの口切れを防ぐために柔軟に曲がり込む竿でやり取りするからだ。

リールは使用するオモリが80~100号なので、投入、 回収の多いこの釣りでは電動リールがラクチン。

ラインはPE2~3号を使用する。ポイントによっては水深60mを超えるポイントに行くこともあるので200m前後巻いておくと安心。PEの先に、リーダー(先糸)フロロ6~7号を3~5mを付ける。

竿は7対3や6対4など柔軟に曲がり込む竿がオススメ

リールはPE2~3号を200m巻ければOK

仕かけは天ビンズボ釣り、エサはなしでOK

この釣りはマキエにアミエビを使った天ビンズボ釣り。マキエカゴのオススメはサニーカゴ。サイズは大きなものは必要なく、FLなどがオススメ。カゴに付けるオモリは80~100号でその範囲で自由に使える。軽いオモリを使えばアタリがわかりやすいので状況に応じて使い分けよう。

仕かけは全長2.5m。エダが30㎝、エダ間が70㎝の3本針仕かけ。針はムツ針12号などが吸い込みもよく、緑色のスキンが付いたものが◎。4本針の仕かけもあるが、ダブルヒットや、追い食いがあまりあるわけでもないので、3本針までが扱いやすさの観点からもオススメ。またクッションゴムはアジの引きをいなして、口切れを防ぐために使用する。太さは1.5㎜で、長さは30㎝くらいのものがオススメ。

サシエは仕かけの緑色のスキンが付いたムツ針がギジエの役割を果たしてくれるので、基本的に必要ない。エサを使うのであれば取材日は使っている人はいなかったが、イカ短がオススメで、あまり大きくないサイズが反応がよい。

マキエはアミエビを使用しますが、ポイントはカゴに詰めすぎないこと。カゴ一杯に詰めるとマキエの出が悪くなってしまうので、8分目くらいまで入れるのが目安。

オススメのマキエカゴはサニーカゴ。詰めすぎるとマキエの出が悪くなるので8分目くらいに詰めるのが◎

天ビンは半月天ビンを使用

オモリは80~100号を潮の速さによって使い分ける

クッションゴムは口切れを防いでくれる

針はムツ針がオススメ。最近の流行りはサシエを付けずに緑色のスキンをギジエにして釣る釣り方

タナ取りとマキエをしっかり撒くことがポイント

①まずは底取りしてタナを合わせる
底まで落として糸フケを取れば、そこから船長の指示ダナまで巻き上げる。このタナ合わせが釣果を上げる最大のポイントなので、ここは必ず丁寧に行う。

②シャクリはコンパクトに仕かけとマキエの同調がキモ
タナまで巻き上げたら、シャクリを入れてマキエをしっかり出す。シャクる時のポイントはコンパクトにシャクること。大きくシャクるとマキエが広がりすぎて仕かけとの同調が難しくなるので、コンパクトに素早くシャクってマキエが広がり過ぎないように撒く。その後はリールを1、2回転巻き上げてステイ。ステイの目安は7、8秒。アタリがなければ、再び同じタナで同じ誘いを繰り返して、マキエがなくなれば仕かけを上げます。

③渋い時は投入回数を増やしてマキエをしっかり撒くようにする

渋い時の対策は、こまめに仕かけを上げて投入回数を増やす。渋い時こそ、魚とのコンタクトを増やすためにマキエをしっかり撒こう。

大きくシャクるのはあまりよくない。コンパクトにスピーディーに

アワセとやり取りは慎重に、口切れを起こさないように

アタリがあっても、大きなアワセは特に必要ないですよ。口の軟らかいアジに対して大きく合わせると、口切れが起こってしまうからだ。アタリが出たら聞き合わせるように、竿を上げて合わせる。

やり取り時と取り込み時のポイントは、巻き上げスピードを上げすぎないこと。こちらも理由は同様で、巻き上げが速すぎるとアジが口切れを起こしてしまうからだ。取り込み時も仕かけの手前まで巻き上げたら手で仕かけを手繰り寄せ、抜き上げたりはせず、アジが船べりまで寄ってきた所をタモ入れしてもらおう。

スピ―ド全開で巻き上げるのは禁物

抜き上げは口切れのリスクがあるのでタモ入れしてもらうのがベター

以上が勝丸の坂口船長に伺ったアジ釣りのポイント。40㎝オーバーの大型アジを狙って三重・国崎に釣りに行ってはいかが。

勝丸の坂口船長。釣り方など分からないことはなんでも教えてくれる優しい船長だ

勝丸の詳しい情報を見る

※この記事は2019年4月5日発売の週刊釣場速報に掲載された記事を再編集、加筆したものです。

ニュース一覧に戻る