釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【横山晴也のEnjoy!!イカメタル】令和初は2種のイカメタル三昧(福井・小浜新港/福丸)

GWが終わり、仕事が一段落したので、令和になって最初のイカメタルに行ってきました。今回は小浜新港の福丸で14時半にアジ&イカ便で出船しました。日のあるうちは、アジ釣りです。

アジのポイントは水深80mの魚礁。仕かけを落とすと、すぐに脂ノリノリのアジ&ウマヅラハギがよい感じで釣れます。とりあえずお土産確保ミッション完了!

日没が近づくと、イカのポイントへ。水深は86m。着いてすぐ水面に見えたのはクラゲの大群。どうやら潮は緩いようです。アンカーを下ろして釣りを開始しました。

現在の小浜沖でターゲットとなるイカは、マイカとスルメイカの2種類です。例年なら、この時期はスルメイカだけなのですが、今年は今のところスルメイカが大きな群れを形成しておらず、まとまって釣れないかわりに、早くもマイカがボチボチ釣れています。

今回はマイカのポイントで両方のイカを狙うことになりました。最初はマイカを狙ってみます。いつものオバマリグに15号のメタルスッテと、エダにデュエルのウルトラスッテを付けて開始。通常、シーズン初期のマイカは、底付近にいることが多いので、仕かけを底まで落とします。そして底付近をゆっくり丁寧に探っていると…竿先をクッと引ったくるような明確なアタリが!

即座に合わせて巻き上げると、ファーストヒットは狙い通り、マイカ。令和はよい時代になりそうですね(笑)。

当日した鉛スッテとドロッパ―

この調子で釣れることを祈り、底付近を狙いましたがアタリが続きません。そこで狙いをスルメイカにかえてみました。

電動リールに胴突き仕かけの釣り人は、シャクリを入れながら釣っていたので、イカメタルでも同様にワンピッチジャークでシャクリ上げてくると、水深30m付近でスルメがヒットしました。

スルメイカを狙う場合のアクション方法は、大きく分けて2つあります。ひとつ目は、今回のようにワンピッチジャークでシャクリ上げて追わせて乗せる方法です。

獰猛なスルメイカは、激しく動くスッテに好反応を示し、よく釣れることはもちろん、群れ全体の活性も上がって数釣りがしやすくなります。

2つ目はフォールで抱かせる方法です。ワンピッチでシャクリ上げた後、数メートル落として(ここでアタリます)、再びシャクリ上げます。ワンピッチで反応が得られない時は、この方法を使用します。

その後、スルメイカは順調に釣れたので、再びマイカにチャレンジ。一般的には、仕かけをタナまで一旦落としてから誘い”上げる”ことが多いですが、今回はタナまで到達する間のフォールで誘い”下げる”作戦で、先ほどよりも幅広いタナを探ります。

水深が86mなので、80mで1度仕かけを止めます。ここで、すぐにワンピッチを3回(この時リールは巻きません)した後、ステイなしで、再び仕かけを落とします。

次は83mで一旦止めて同様にワンピッチを3回。すかさずフォールを入れて、85mでバチッとステイ。すると、竿先に明確なアタリが!

この作戦が功を奏し、マイカが連発!! そして2、3バイ釣れると極端に反応が悪くなったので、スッテのカラーチェンジをすると、再び連発!! 特に、カラーをかえて第1投目にアタリがでることが多かったです。

このまま最後までマイカが釣れ続け、納竿となりました。まだまだスルメイカシーズンですが、今年はもうマイカが狙えます。さらに、パラソルサイズからヤクルトサイズまで釣れたので、今後の釣果にも期待できるのではないでしょうか。

ワンピッチで激しくスルメイカを狙うもよし、底でマイカを狙うのもよし、いよいよイカメタルシーズン到来ですね!

福丸の詳しい情報を見る

※この記事は2019年5月21日発売の週刊釣場速報に掲載された記事を再編集、加筆したものです。

ニュース一覧に戻る