釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【良型キスが手軽に釣れる!】レンタルボートでキス釣り満喫!釣り方&釣れっぷりレポート (京都・宮津湾 フィッシングセンター海友)

基本的なタックル

使用するタックルは穂先感度があり、食い込みがよいもの(メバリングロッドなど)で、リールはスピニングリールで。

道糸はPE0.6~0.8号。

リーダーはフロロ2号などを使う。

仕かけはキス天ビンにオモリ10~20号、市販の船キス用2本針仕かけを使うとよい。

エサは石ゴカイを使用。付け方は1匹付けでOK。石粉があると初心者でもあつかいやすいので用意しておくとよい。

ロッドは感度がよく食い込みがよいもの(メバリングロッド、ひとつテンヤロッドなど)

オモリは10~20号を使う

ボート上では全長の短い船仕かけが取り回ししやすい

エサとなるのは石ゴカイ

釣果アップのキモ!

ボートからのキス釣りは、流し釣りの場合は船が流れるので、潮や風で速く流されると、仕かけが浮き上がりやすい。

そこで、仕かけが底から浮かないように調整が必要。

オモリを重くしても仕かけが浮く場合は、ラインテンションを保ったままラインを送り込むのも有効。

誘いは、渋い時はマメに仕かけを動かしてエサをアピールしよう。

竿下で釣る場合はエダ間分誘い上げ、チョイ投げの場合は竿でサビいてやるとよい。

竿下で釣る場合はエダ間ぐらい誘い上げる

フィッシングセンター海友の詳しい情報を見る

※この記事は2019年6月14日発売の週刊釣場速報に掲載された記事を再編集、加筆したものです。

2 / 2
前へ
ニュース一覧に戻る