釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【横山晴也のEnjoy!!イカメタル】フォールを駆使してヒット連発! マイカ(ケンサキイカ)メタル開幕

今回はフォール後のヒットが目立ち、特に……

①アタったタナから数m下まで、大きくアオるように仕かけをシャクってフォールさせる
②短めの2秒ほどステイし、アタリを待つ
③アタリがなければ少し糸を巻き、すぐに大きくシャクリ直す

この繰り返しがストロングパターンでした。

この時、フォールにフリーフォールとテンションフォールを織りまぜることで、より反応をよくすることができました。

テンションフォールではじっくりスッテを見せ、シャクリからのフリーフォールで一気にヤル気を高め、追わせてガッツリ抱かせるイメージです。

さらにフォールスピードを抑えるため、メタルスッテを「ダイワ大盛シリーズ」や、軽い10号に交換したり、ドロッパーにデュエルの「イージーQダートマスター2.5号」を使用することで、釣果を伸ばすことができました。

また、小まめなカラーチェンジも有効でした。

基本的にメタルスッテ、エギともに夜光ベースが当たりカラーでしたが、その中でも赤黄、オールピンク、赤ケイムラカラーなど、蛍光カラーのローテーションが好反応を得られました。

前回もそうでしたが、同じスッテで5ハイ釣れたらカラーチェンジすることをオススメします。

スッテのカラーを変えることで、ヒットまでの時間が短縮され、釣果を伸ばすことに繋がります。

ただ、ハズレカラーを選択した時には、ヒットまでの時間が伸びるので要注意です。

その日の傾向を把握した上で、交換してください。

現在では、例えば同じ夜光ベースであっても、赤緑、赤白、ピンク白、青白、ブルー夜光、ケイムラなどなど、さまざまなカラーが発売されています。

さらに、布の巻き方や綿の入れ方により、暗闇でギンギンに発光していたり、ボヤッと発光していたり、光り方もさまざまです。

同じベースカラーの中で、ベース以外の色を細かくローテーションさせると、イカの反応を高く維持しやすくなります。

当日に使用したメタルスッテとドロッパ―

まだまだシーズンが始まったばかりの小浜沖のマイカメタル、幸先よいスタートが切れました。 今シーズンも期待できそうですね!!

こみなみ丸の詳しい情報を見る

※この記事は2019年6月21日発売の週刊釣場速報に掲載された記事を再編集、加筆したものです。

2 / 2
前へ
ニュース一覧に戻る