釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【ヒラマサ爆走!!】ビッグフィッシュ乱舞の玄達瀬に行ってきた!(福井・玄達 鷹巣釣船センター)

 

6月16日に福井県沖の玄達瀬が解禁されました。

例年、大型ヒラマサが期待できる超1級ポイントですが、今期も開幕以降130cm級を筆頭にメーター級が続出しており、アベレージの70cm前後をまじえて数も好調に上がっています。

そこで、好スタートを切った玄達へ、6月某日に鷹巣釣船センターの海生丸で出船しました。

魚影抜群の玄達まではおよそ50分の航程

鷹巣漁港より少し南の長橋漁港を午前5時に出船すると、玄達までは約50分の航程。

ポイントへ到着すると、海生丸の宮脇船頭は、90m近い深場にアンカーを入れました。

グッドサイズの高級魚が登場!

釣りを開始して100mほど流すと、何かアタッたと電動リールを巻き始めました。

上がってきたのはチカメキントキで、しまもダブルでゲットです!

しかも、40cm前後とめちゃくちゃデカいです。

ほかの釣り人にもチカメキントキのダブルが釣れました。

その後、再びキントキのダブル、他にもマダイも釣れました。

しかし、青物の気配はなく、ポイント移動へ。

次のポイントは、水深45m前後。

フロートを1番大きい8号に変えて流すと、30mほどでイサギの40cmオーバーがヒットします。

その後、イサギが連発しました。

ついに本命「ヒラマサ」の登場!!

船頭のアドバイスでフロート8号に6号を追加して流すと、40mほど流れた時に、スプールがジャーっと勢いよく回りだしました。

「アタッたで!!」と船頭の言葉に反応して、即座にクラッチを入れて電動リールで巻き上げを開始し、竿を起こします。

意外とすんなり寄ってくる獲物に「あれっ!?」と不思議がる釣り人。

「こっちに泳いできてるから引かないだけ。そのうち下へ突っ込むから気付けて」と船頭が言った瞬間、強烈な突っ込みがやってきました!

「船べりに近付いて下へ突っ込むのはヒラ(マサ)や。ブリやったら横へ走る」と船頭が話します。

その突っ込みを耐えると、水面下に魚体を横にして泳ぐ魚が見えました。

タモに入ったのは70cm前後のヒラマサ。

そこから、群れがマキエに付いたのか、ヒラマサとブリ連発でアタリます。

竿が立たない大物のバラしもありましたが、直後にヒラマサ3連発と、まさに入れ食い!!

この日は大型クーラー3つ満タンになった14時半に満足の早上がりとなりました。

次ページで仕かけとワンポイントを紹介します!
1 / 2
次へ
ニュース一覧に戻る