釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【今井浩次の旬を釣るⅡ】アジとのリレー便が好調!小浜沖のマイカ狙いのイカメタル(福井・小浜新港 福丸)

1日の釣りで2つの釣り物が楽しめる釣りを関東では「リレー釣り」と呼んでいる。

関西でもこのシステムを取り入れる船宿が増えたが、ちょうど今がシーズンの若狭湾のアジ&マイカ(ケンサキイカ)もリレー釣りのひとつ。

ようやくマイカの調子が上向いてきたし、大アジも釣れだしたと聞いて、若狭小浜へと車を走らせた。

小浜新港の若狭フィッシャマンズワーフの西側から出船している大型乗合船が福丸だ。

まずはアジ釣りから楽しむ

日が沈むまでは魚礁に付いたアジをサビキ釣りで狙い、日が沈んでからマイカ釣りにかわるリレー釣りなので、出船は15時頃。

走ること約30分、小浜湾を抜け、沖の魚礁に着いた。

水深は約60mある。

早速、サバ皮付きのサビキ針にオキアミのエサを刺し、上のプラカゴにマキエのアミエビを詰めて底まで送り届ける。

仕かけが底へ届いたら3mほど底を切って、後はアタリを待つだけ。

2、3度打ち直したがアタリもないのにエサだけ取られる。

ウマヅラハギかチダイの子供の仕業?と睨んで、竿を手持ちにして小アタリを取り、掛け合わせていくと掛かった。

引きが相当強いので、ひょっとしたらマダイ?と期待したが、上がってきたのは30cmを超えるウマヅラハギ。

その後もチャリコ(小ダイ)などは釣れるがアジが来ない。

釣れてくるのは小ダイやウマヅラハギが多かった

ポイントを変える度にアジの強引を期待したが音沙汰ナシで、今日はダメかと諦めかけた時、たった1度だけ35cmほどのマアジが外連味のない引きを楽しませてくれた。

筆者には一度だけアジがヒットした

次ページでイカメタルの釣況を紹介

福丸の詳しい情報を見る
1 / 2
次へ
ニュース一覧に戻る