釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【タングステンモデル!新メタリア!】船テンヤタチウオ最前線2019(兵庫・西宮 釣人家)

釣人家(兵庫・西宮)のタチウオ便、シーズン開幕3日目となった7月26日、ダイワの西村豪太氏と郷原未来さんのGOGOコンビは、2019シーズンの船タチウオのNEWアイテムを引っ提げて神戸沖へ。

この日は今期新発売となる「極鋭タチウオテンヤSP EX AGS192」と「メタリアタチウオテンヤSP」5機種、さらには「快適船タチウオテンヤSS」のタングステンVer.を含めた3タイプを、状況に応じて使い分けて釣果を伸ばしていくことがテーマ。

まずは朝イチの時合を期待して、西村氏は『メタリアタチウオテンヤSP82-190』、郷原さんは『同82-175』にノーマルタイプの『快適船タチウオテンヤSS』でスタート。

すると狙い通り、高活性なタチウオが次々と食い上げたり、穂先を引き込んだりとアタりまくる。
型は幅指3~4本が主体とまずまず。

朝イチは幅指3、4本を主体に好調に釣れた

大型はないが、釣って楽しいサイズが連発だ。

しばらくすると、朝のラッシュは終了。

ここで西村氏は食い渋り時に強い『同73-195』へチェンジ。

テンヤも乗せ調子の『同早掛SP』に変更した。

船中まったりした時間が過ぎる中、スローでソフトな釣りで、渋いもののアタリを引き出していく西村氏。

個人イケスにはタチウオが確実に増えていく。

そして終盤、クライマックスがやってきた。

底から20mまででアタりまくる。

ここで西村氏は『極鋭タチウオテンヤSP EX AGS192』、郷原さんは『メタリアタチウオテンヤSP91-170』へ、そしてテンヤは最終兵器の『同TGプロト』をセットした。

そこからは2人とも高活性のタチウオの食いっぷりに応えるように、同時ヒットも連発の入れ食い状態。

ミッション大成功で納竿となった。

次ページで今年登場の最新ロッドを紹介

釣人家の詳しい情報を見る
1 / 3
次へ
ニュース一覧に戻る