釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【秋本番】ティップランでアオリイカがバクバク釣れてます!(京都府・宮津湾 フィッシングセンター海友)

京都府宮津湾では、秋のアオリイカが本番を迎えている。

宮津波路のフィッシングセンター海友では、ティップランで連日よい人は2ケタ、中には1船で50パイオーバーの釣果も出ているとか。

レンタルボートなら仲間でゆったり釣りを楽しめる

今回はベテランの2人(古川、久保氏両氏)が実釣した際のポイントを紹介。

古川氏は朝イチに良型を釣り上げた

久保氏は10回ほど巻きシャクリでピタっとステイさせた途端に、クッと穂先が入るアタリが多かった。

久保氏は最大胴長18cmの良型も釣り上げた

ウネリがあり釣り辛いが、5~10回巻きシャクリ(水深が浅いので、狙うのは底から5m以内が主体)してステイさせると、穂先が跳ねたり、引き込まれる。

ウネリがある釣り辛い状況だが好調に釣り上げた

アタっても乗らなければ即フォール。

ヤル気のあるイカなら、次のステイでほぼアタる。

両氏は「アオリは溜まっている場所を見付ければ、何度も通しても入れ乗りになる。いかに溜まり場を見つけて、同じコースを流せるかがカギ」と話す。

両氏のダブルヒットも数回あり、久保氏は30パイ、古川氏も20パイ前後と船中約50パイの好釣果。

アオリイカはこれからサイズもアップしてくるので、さらに面白いエギングが楽しめそうだ。

当日の当たりエギは、写真上から、「スクイッドシーカー23ミクロス」のパープルパープル、ブラウンドット金ホロ(バレーヒル)と「エメラルダスボートIIRV」の緑パープル杉(ダイワ)

フィッシングセンター海友の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る