釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【ライトタックルでスリル満点!】ライト落とし込み最前線2019(淡路島・江井 山下荘)

近年、人気沸騰中の釣り「落とし込み」。

ヒラマサやブリなど大物狙いも一興だが、ライトタックルでハマチやアコウなどを狙う「ライト落とし込み」も大阪湾や瀬戸内エリアでは大人気。

ダイワ・スタッフの西村豪太氏と郷原未来さんのお馴染みGOGOコンビがNEWタックルを携えて、淡路島・江井から出船。

ライトタックルで狙うスリリングなライト落とし込みに挑んだ。

水深30mのポイントで、はじめは底まで一気にフリーで落とす。

着底ですぐに聞き上げ、付いてなければ7、8m巻き上げて、今度はサミングしながら仕かけを落とし込んでいく2人。

数回繰り返したが、ベイトはなかなか付かない。

そこで今度は底から竿一杯シャクり上げてフォール。

フリーで落とし、仕かけを一瞬フカセて聞き上げた時、細身の「リーディングスリルゲーム・Y」が震えた。

西村氏の「付いたよ~」と穂先を安定させた直後、今度は穂先から穂持ちにかけてが波打ったように見えた。

ベイトが逃げ惑う前アタリだ。

間を置かずに竿先が引き込まれた。

竿を起こす西村氏。

電動で巻き始めると、強引と言うよりは重量感が勝る。

姿を見せたのは高級根魚のアコウだ。

船中ファーストヒットはアコウ

郷原さんも続く。

「私も付いた!」と言う声に振り向くと、穂先が海面へと引き込まれていく。

ここで竿を起こすと、ギューンと竿がしなった。

超細身の竿だが、フルソリッドのブランクスが半円を描いて強烈に粘る。

そして、バットに手を添えると、持ち上げるように竿が起き始める。

強烈に竿が曲がり込む

ハマチと言えども青物。

その引きは強烈で、何度も竿を絞り込むシーンは、まさにスリル満点。

横で見ていても、視覚的興奮は最高潮だ。

タモに入ったのは50㎝オーバーのハマチだったが、ライトタックルなので、ファイトシーンはヒラマサやブリとの対戦さながらのスリル感。

タモに収まったのは50cm級のハマチ

この日はベイトの付きが悪く苦戦はしたが、エサさえ付けば、ハマチ、ツバスは即ヒットの食いっぷり。

途中ヒラメもまじって、2人はライト落とし込みを堪能した。

船中ではヒラメもまじった

山下荘の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る