釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【良型アオリイカが爆乗り中】絶好期のナイトティップランを堪能(和歌山・和歌山港発)勇栄丸

アオリイカのサイズがよくなってきたこの時期、和歌山の勇栄丸にナイトティップランに行ってきた。

ナイトティップランはデイに比べてサイズが大きい傾向

ナイトティップランは、デイに比べてサイズが大きくなることが多く、例年であれば600~800gが中心となるタイミングだ。

水深は10~20mが主体だが、風の強さや潮の速さで調整するため、エギは30~70gまで対応できるように用意。

竿はゼスタより今期発売のティップラン専用ロッド、「アサルトジェットタイプTR63ML-S」を使用した。

ロッドの詳細は以下の公式ホームページにて

http://xesta.jp/products/rod/assault-jet-type-tr/?a=1

ナイトはサミングで着底を感知

少し風の吹く中、まずは40gのエギに10gのシンカーを付けてスタート。

デイであれば海面にラインを流して、ラインの弛みで着底を知ることができるが、ナイトではラインが見えにくいため、サミングで着底を感知していく。

そのため、少し重い目のウェイトを使用する方が分かりやすい。

また、ある程度エギが流れる状況でも、ウェイトによってエギの姿勢や安定感がかわるので、いろいろなウェイトで探るのがよい。

この日は、風や潮の感じは非常にやりやすいのだが、台風後の水潮の影響なのか、アタリがなかなかでない。

ボトム中心に探り待望のヒット!

何度かポイントを変更し、潮が下げにかわったタイミングでついにその時がやってきた!

イカの引きで、ソフトソリッドのロッドが大きく弧を描く!

慎重に寄せて、船長のタモ入れで上がってきたのは、予想よりもよいサイズのアオリイカ!

ヒットカラーはナイトに強いパープルだった。

非常にうれしい1パイだ。

ナイトはボトムを中心に探る方がよいことが多く、シャクる回数を2、3回にし、テンポよく探っていった。

この日は、エギのウェイトは40gに10gをプラスし、少しエギを流し気味にしたエギの姿勢がよかったのか、ポツリポツリとヒットして、厳しいながらもアオリイカの引きを十分に堪能できた。

船長に聞くと、「ナイトではパープル系のカラーにアタリが集中することの多い和歌山だが、今年は割といろいろなカラーでヒットしている」そうだ。

同船の人たちも、さまざまなカラーでヒットしていた。。

そしてアオリイカは、大きいサイズよりも、小ぶりな方が美味しいと言われるが、この時期のサイズは非常にバランスがよく、食べてよし、釣ってよしで1番楽しい時期だ。

今年は、魚影も濃いようなので、再度リベンジへと行ってみたい。

【nomi】

勇栄丸の最新釣果は以下のホームページにて!
勇栄丸の詳しい情報を見る

 

 

ニュース一覧に戻る