釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【イカでブリを釣る!】「コウイカノマセ」で脂ノリノリの青物が釣れッ釣れ(兵庫・姫路 美里丸)

秋も深まり、明石沖ではビッグベイトを使ったノマセ釣りが絶好調。

よい日に当たれば船中でブリが5、6尾釣れるのは当たり前だ。

連日ブリが釣れている

釣り方はコウイカを使ったノマセ釣り。親針と孫針を使った2本針仕かけが一般的。

仕かけはイカダイ用の仕かけなどでOK

エサとなるコウイカは胴長10~15cmぐらい

基本的にはボトムから3mまでが青物のタナ。

流れの速いかけ上がりのポイントでは、底取りは投入時だけでその後は巻き上げ続けるのがポイント。

一方、流れの緩やかなポイントでは底取りを頻繁にする。

巻き上げは3mでしばらくステイ、アタリが無ければ再び底取りして巻き上げ。

この巻き上げが誘いになるのだとか。

タナ合わせがうまくと高確率で竿が舞い込む

ブリなどの大型青物の強引が楽しめる明石沖のノマセ釣り、ぜひ出掛けてみてはいかが?

よい人は青物2ケタ釣果

ブリを3尾釣り上げた人も

美里丸の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る