釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【めちゃ釣れ確定⁉】秋の五目タン能(福井・小浜沖)神明丸

今回、訪れたのは福井県小浜の神明丸

絶好調の五目釣りをタン能してきた。

開始数分で全員がボーズを脱出

魚礁からかけ下がった水深55mの砂地にアンカーを入れると、「底に着いたら5、6回巻いて誘いを掛けて狙ってください」と開始の合図。

まず1投目は底を取ってからタナを取る。すると、トモで即ヒット。1尾目はチダイ、次はカワハギ、そしてレンコダイと船中あちこちで竿が曲がり、中には連で上がってくる。

開始数分で皆がボーズ脱出。

その後もアタリが止まることなく、タナを取ってマキエを振れば、すぐにググッと竿先が引き込まれる。

レンコダイの数釣りも楽しめる

ほんの少し追い食いを待つと、さらに竿先が曲がり込む。1尾追加、竿先が海中に入るほどまで待った人は5本針に良型のレンコダイを4連で釣り上げた。

ここで、私も竿を出してみた。

底から3m上げてマキエを振ると、竿先が落ち着いたと思った途端にグイ。

竿で聞き上げると、さらにグイグイッときた。

私は3本針なので、ここで巻き上げ開始。

小物と言えど途中でギュンギュンとムーチングロッドの竿先を引き込み、思わず「オッ」と声が出るほど。

記者の1投目は25cmのチダイのダブル。

ここから爆釣劇が始まる

そこからは正に、入れアタリ。

タナで止めてマキエを撒けば、即、竿が引き込まれる。2投目、3投目もチダイのダブル、4、5投目で各1尾。

6投目はエサ取りが浮いたのかエサが取られたので、7投目はさらにタナを3m上げると、レンコダイのダブルで、わずか7投でツ抜け。

強引が味わえる大物釣りも魅力だが、アタリ頻繁で次々とクーラーに魚が増えていく五目釣りも、めちゃくちゃ面白い。

風で船が振ってアタリが遠のくと、「ちょっと気分かえてみよか」とイカリの打ちかえ。すると再びアタりだす。

高級魚「カイワリ」まで釣れて思わず笑顔に

次のポイントでは22、23cmから25cmオーバーのカイワリもまじりだした。迎えた夕まずめは五目のラストチャンスにして、最大の時合。

エサ取りも消えて、今度はベタ底で入れ食い。

この日は小ダイやカイワリで土産はどっさり、全員が大満足の釣行となった。

神明丸の詳しい情報を見る

 

ニュース一覧に戻る