釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【イカ先生と大阪湾船タチウオの名手たちがタチウオを攻略Vol.2】タチウオの型を狙い分ける!(大阪・泉佐野食品コンビナート 上丸)

立野義昭氏(写真左)と富所潤氏(写真右)

大阪・泉佐野食品コンビナートの上丸に、シマノ・フィールドテスターの立野義昭氏と、シマノ・インストラクターの富所潤氏と乗船した。

当日は満船で、大阪湾のタチウオの人気と好調ぶりが伺える。

船は洲本沖へと向かい、約1時間の航程。

朝イチは水深90mからスタート。

タックルセレクトは朝イチは船テンヤタチウオの万能調子8対2からスタート

2人のタックルセレクトは、ロッドはともに「サーベルマスターXチューンテンヤ82MH180RIGHT」、リールは「フォースマスター600DH」。

テンヤは富所氏は「サーベルマスター船テンヤゲキハヤ」の「スーパー夜光」、立野氏は「紫ゼブラ夜光」からスタート。

1投目から富所氏のXチューンの穂先にコツコツとアタリがでる。

目感度に優れた穂先だけに、アタリが分かりやすい。

船べりにセットした探見丸には50~90mの間にかなり濃い反応が出ている。

誘いは立野氏がキレのあるジャークで誘う。

一方、富所氏はストップ&ゴー、タダ巻きなどのスロー系の誘いからスタート。

まずは富所氏にヒット!朝一から良型が飛び出す

まずは、富所氏にヒット。

上がってきたのは幅指4本の良型タチウオ。

尻尾を見てみると、残念なことに噛み切られている。タチウオの共食いだ。

当日は、かなりの回数で歯形の付いたタチウオが上がってきて、活性が高さが覗えた。

立野氏にも同時にヒット。

こちらは、幅指3本サイズ。大阪湾のレギュラーサイズだ。

いきなりの同時ヒットで幸先がよい。

だが、その後はポツポツとアタリがあるものの、濁りもキツいため、ポイントを移動。

このタイミングで両氏はロッドを82から73M190へと変更する。

「アタリ自体があっても追いが弱い。掛かった魚は確実に取りに行きたい」と話す両氏。

アタリが連発の高活性!小型がガツガツアタッてくる!

しばらくすると、活性がよくなり始めた。

落とせばアタる、ただ小型が主体。

活性はかなり高く合わせれば掛かる

上がってくるのは、幅指2~3本前後ばかり。

「これを掛けていては大型を狙えないの、アタリは無視しますね」と富所氏。

すると、少し型がよくなりだした。

まず富所氏が幅指5本109cmの良型タチウオをキャッチ。

まずは幅指5本級がヒット

誘いは、「フォースマスター600」の速度7で巻き上げ、小さなアタリは無視して、ググッと押さえ込む大きなアタリがでるまでガマンするとうもの。

立野氏も速めの巻き上げで誘っていく。

こちらは「フォースマスター600」で5で巻き上げ、さらにジャークも組み合わせるかなり速いペースの誘いだ。

こちらも小さなアタリを無視すると先ほどよりサイズアップ。

立野氏も良型ゲット

幅指6本126cmのドラゴン登場!!

納竿間際、富所氏がカーブフォールからのステイできたアタリは他とは様子が違った。

ギリギリと音を立ててドラグが滑る。

海面まで上がって来た時に思わず歓喜の声が漏れたその1尾は126cm、押しも押されもせぬドラゴンで、数も型も満足の釣行となり大満足。

イカ先生、お見事!!

絶好調の大阪湾の船テンヤタチウオ出掛けるなら今がチャンス!!

上丸の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る