釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【激ウマ高級魚を狙う】幻の魚「クエ」捕獲劇‼(和歌山・潮岬沖)フィッシング隼

本州最南端の串本町、潮岬沖で「今年はクエの当たり年かもしれない」そんな話をフィッシング隼の吉田隼人船長から聞きました。

しかし、「いくら当たり年と言ってもクエってそんなに簡単に釣れるもんじゃないよな」と思っていましたが、釣果を見るとクエがよく釣れています。

フィッシング隼の最新釣果はこちらから

 

大阪からわずか3時間でクエが狙える好漁場

和歌山県串本町の潮岬は大阪から3時間ほどの場所。

3時間ほどの場所で超が付くほどの高級魚であるクエが釣れるなんて「これは行くしかない」と、いてもたってもいられずに、いってきました。

まずはエサのムロアジを確保!

当日、5時半に串本の大島港を出船した隼丸は15分ほどで、潮岬沖へ到着。

まずはエサとなるムロアジを確保です。

9時頃までにムロアジが確保できたので、「そろそろ行きましょうか」との船長の指示で少し移動(5分ほど)して、ノマセ釣りをスタートします。

通称「本気タックル!」で釣りをする

まずは、タックルを用意します。

通称「本気タックル」にハリス50号、クエ針25号の超ド級の本気仕かけをセッティング(オモリは150号)しました。

エサのムロアジは目通しが生きも、エサの持ちもよいです。

そして、船長の合図で仕かけを投入します。

根掛かりしないように要注意!

まずは底まで仕かけをサミングしながら投入します。

底まで仕かけが到着すれば、すぐに竿を持ち上げて根掛かりしないようにします。

そして、リールを巻いて底から2m前後上げます。

クエは根の際に潜んでいるので、狙う場所も岩礁帯でかなり根が荒いです。

この釣りは根掛かり覚悟だが、根掛かりしていると釣りにならないので、底取りをしたらすぐに竿を上げて、底を切り、2mほど仕かけを上げてステイします。

超ド級の強引を振るドラグで戦う

ひと流し目、10分ほど流すもアタリがでないので、船長がそろそろ流し直そうかとブザーに手を置いた時、ついにその時がやってきました。

ゴンっ、ゴン‼とアタったと思った瞬間には竿が胴から曲がり、竿先は海面に向かって突き刺さっています。

「キター‼」と言う声が船中に響きました。

クエは根に入るとエラを張って出られなくするので、根に潜られたら終わりです。

なので、根から離すため、フルドラグで強引に巻く、強烈なパワーと何とか戦い抜き、力は尽きながらもやり取りすると、そこには大きな白い巨体の姿。

ボコっと海面に浮かんできたのは大本命の大型クエです。

思わず全員がハイタッチ。

釣り上げた杉原氏の顔を見ると、やり切ったような最高の笑顔でした。

17.1kgの巨体は圧巻!

納竿後に帰港して、計ってみると100cm、17.1kg。

そのデカさをひと目みようと船着きには人が集まってきました。

ノマセ釣りのクエは年中狙えます。

アカイカがエサになることもあり、それもまた面白いです。

フィッシング隼ではレンタルタックルも用意(有料)しているので、釣り人のロマンとも言える、この大物釣りを楽しみにぜひ、行きましょう!

フィッシング隼の詳しい情報を
フィッシング隼の吉田隼人船長
当日のクエの強引をダイジェストでご紹介
ニュース一覧に戻る