釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【ダブルヒットも!!】サビキマダイが開幕(兵庫・姫路発、家島沖 槙龍丸)

令和初の正月を迎え、めでたいマダイをサビキで狙うサビキマダイが兵庫・姫路の槙龍丸(しばきまる)でシーズンインした。

さて、まずは小豆島のポイントへと向かう。6時に出船し、港からは約1時間半の航程。水深は40m前後のポイントからスタート。

「反応は出るんですけどね…」と船長が言う通り、魚探には魚の反応が映っているが、口を使ってくれない。

船長は「ベストシーズンになってマダイの活性が上がると、上まで反応が出てくるんですけどね。この底に沈んだ反応の魚は口を使ってくれないんですよ」と話す。

「小豆島で食うようになると良型もまじって面白いんですけどね、あと2、3度水温が下がると食いが立ってくると思うんですけどね」と船長は言う。

小豆島周辺では10時過ぎまで竿を出した後、船長は大きくポイント移動を決断。船は家島近辺へとへ先を向けた。

「ここは、型は落ちるけど数が狙えるポイントなんですよ」と常連さん。

水深30~35mのポイントに着くと早速「ゴンゴンゴンッ」とマダイらしいアタリ。小気味のよい引きを見せて上がってきたのは20cm前後の小ダイ。

「魚が元気なんで、このサイズでもしっかり引きますよ」と船長。確かに小ダイがメインなのだがしっかりと竿先にアタリがでて、引き込みもある。

魚探を覗くと、先ほどまでとは違い、反応がかなり浮いた層まで出ている。

目立った時には、底から約15mまでに満遍なく反応が出ていた。

その後も、流す度にアタリがあるような状態で、中にはダブルヒットもあり、釣り人は各々マダイの引きを堪能して、よい人は7、8尾をキープして、14時頃に納竿して帰港した。

現在では小豆島沖でも水温が下がってきたのか40~50cmのナイスサイズもまじってよい人2ケタ釣果も多数ですよ。

槙龍丸(シバキまる)の詳しい情報を見る

次ページで基本的なタックルや釣り方を解説

1 / 2
次へ
ニュース一覧に戻る