釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【ジギング満喫】「第2回船釣り(せんずり)大会」レポート(三重・紀伊長島)第八真樹丸、綾玲

誰かが言った。

「いい~、せんずり(船釣り)してるねえ」。

その時の乗船者は大爆笑だったそうな。

そこから話が盛り上がり、「船釣り(せんずり)大会をやろうじゃないか」という話になった。

その大会も2回目だ。

魚が掛かれば合言葉を叫ぶ

釣り方はジギングメインでルアーであれば比較的自由。

ジギングの釣り方はこちらをチェック!

しかし、1つだけ厳しいルールがある。

それは魚が掛かれば「イク~‼」と叫ばなければいけない、と言うことだ(笑)。

これを言わなければ、釣った魚がエントリーできないと言うのだから、厳しいルール。

開催地は魚が濃い紀伊長島沖

そんなこんなで開催された大会は綾玲、そして第八真樹丸の2船に分かれて出船。

港からおよそ30分ほどで紀伊長島沖のポイントへ到着。

ポイントは瀬の周りや魚礁でドテラ流しで狙う。

水深、指示ダナは船長が丁寧に教えてくれる

水深は深場では100m、浅場では30m前後と幅広く探ったが、メインは70~80m前後だった。

「水深70m、ベイトは10mまで」と東船長がアナウンスしてくれるので、ベイトが居るタナまでを誘えばよい。

中盤からプチラッシュに突入!

すると、ワンピッチジャークで誘っていた釣り人の竿がガツガツ、ゴゴンと舞い込んだ瞬間に思いきり合わせる。

そして、その瞬間に「イクー‼」と叫ぶ。

船中から笑い声が聞こえる。

海面に上がってきたのは良型ヒラメだ。

しっかりと叫んだのでエントリーオッケー(笑)。

この後も、「イクー」という叫び声が船中に幾度も響き渡った。

そして、後半についに、その時はきた。

「きたよ‼ イクー‼」との叫び声とともに上がってきたのは、メジロだ。

このメジロが、閉会式のクジで決まったルールの1尾長寸の最大魚となり、釣り上げた浦井氏が第2回の大会を制した。

優勝 浦井丈夫氏 メジロ67.2cm

2位 谷通秋氏

3位 佐藤隼人氏

優勝賞品は何とも嬉しい、「オシアコンクエスト(シマノ)」が贈られた。

次回の大会は3月1日‼

人数に限りがあるので気になる方は早目の問い合わせを‼

第八真樹丸&綾玲の最新釣果はこちらから
ニュース一覧に戻る