釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【状況別で使い分けるワカサギ穂先】「レイクマスターエクスペック」の追加穂先がとっても気になる件(シマノ)

近年では関西でも楽しめる釣り場が増えて、ますます人気が高まっているワカサギ釣り。

newアイテムが登場すればつい気になってしまう人も多いのでは?

今回はシマノのワカサギブランド「レイクマスター」から登場したワカサギ用の穂先「レイクマスターエクスペック」の昨年登場した追加アイテムを紹介します。

M00E SHIBUSHIBU EXCITE、M01E REACTION BITE、M01K KAMISORI FINESSEという3つの穂先が追加されたのですが、言葉だけ見ても何が何だかとなると思いますので、早速中身を見ていこうと思います。

①M00E SHIBUSHIBU EXCITE

まずはM00Eから紹介しますが、名前にもある通り渋い状況下で威力を発揮します。

何といっても最大の特徴は「ハイブリットエキサイトトップ」と名付けられたトップ部分。

穂先の元とトップ部分を柔軟な素材でつなぐことで、特徴的なへの字調子を描きます。

この穂先は微かなアタリも大きく表現してくれます。

また硬めの素材を採用し、フィルム部にテーパーをかけることで誘いもやりやすいですよ。

オモリは3gまで対応しているので状況に応じてフカセ釣りも楽しめますよ。

②M01E REACTION BITE

次にM01E、こちらはリアクションで食ってくる魚、誘いを頻繁に掛ける釣りに向いた穂先です。

特徴は「エキサイトトップ」採用で大きくアタリがでやすいこと。

また、への字調子で一定のリズムでの誘いがやりやすいです。

また細身に仕上げているので風のある状況でも使いやすいですよ。

③M01K KAMISORI FINESSE

最後にM01K、こちらはフィネスと名の付く通り、食い渋った時間、ワカサギのサイズが小さい時に繊細な釣りを求められる際に有用な穂先です。

穂先の厚みだけでなく幅方向にもテーパーを設けることでトップを限界まで軽量化。

軽量化することで繊細なアタリもわかりやすく使いやすい穂先に仕上がっています。

以上が「レイクマスターエクスペック」に追加された新アイテムです。

気になるアイテムはありましたか?

人気上昇中のワカサギ釣りを楽しみに出掛けてみてはいかがでしょうか

最後に、シマノ公式サイトでは実際の実釣動画も上がっているので紹介しておきますね!

M00E

M01E

M01K

詳細はシマノの公式サイトで
ニュース一覧に戻る