【高確率で大物が釣れる‼】ブリ&メジロ乱舞(和歌山・串本のカセ)大島フィッシング

どうも! みなさん、釣りに行かれてますか?

ブリやメジロが高確率で釣れるという、和歌山県串本のカセ釣りに行ってきたので紹介したいと思います!

今回は串本・大島港から出船している大島フィッシングで釣りを楽しんできました!

ブリ、メジロの釣り方はこちらをクリック‼

ポイントは串本湾「センカイ40m」

ポイントは、港からおよそ5分ほどと近い、センカイ40m。

その名の通り水深が40mのポイントです。

釣り始め2時間が勝負

準備をしていると、常連の兼崎氏から「この釣りは2時間が勝負やぞ! 準備したイワシを多く撒くことが大切や」と教えてくれました。

そして、いざ釣り開始です。

イワシをブツ切りにしたら、スコップで2、3杯撒いて仕かけを投入します。

タナは底から5m上です。

途中まで仕かけを下ろすと、また、イワシを1、2杯撒きます。

そして、しばらくステイ。

サワラの猛攻に遭う

アタリがなければ、竿を大きくゆっくりと上げ下げします。

仕かけが馴染み出した頃、1投目からズドンと竿先が海面に舞い込んみました。

しかし、フッと軽くなります。

何かと仕かけを上げてくるとハリスがボロボロです。

どうやら、サワラにやられたようです。

この後も何度かハリスをボロボロにされながらもサワラをゲットしました。

釣り開始1時間で本命が登場!

しばらくすると、グン、グン、ググンと竿が大きく曲がり込みます‼

「よし」と兼崎氏が言って大きく合わせました。

そこからは兼崎氏と魚の力比べです。

ドラグを緩くして、走られると養殖筏のロープに巻き込まれてラインブレイクします。

だから、ドラグは強めに締めて、ゴリゴリ巻いていくことが重要です。

パワフルな魚に主導権をやらず、上げてきたのは70cm前後のメジロでした!

ついにデカいブリが登場‼

釣り開始2時間近く経った頃、「この時間になるとアタリは止まる。でもこの時きたらデカいブリが多いんや」と兼崎氏。

9時頃、それは予想通りになりました。

ガンガン、ギュインと竿が根元から曲がり、海中に突っ込んでいます。

「これはデカい‼」と思わず叫びます。

しかし、強く締めているドラグが滑り、ラインが出されます。

まさしく「強引」を見せるブリ。

兼崎氏もブリに主導権を握らせないようにファイトします。

そして、ようやく海面に姿を見せたブリに思わず「デカい‼」と声がでました。

上がってきたブリは95cm、目方10kg超でした。

今は脂の乗りも抜群です。

ゆったりと自由に自分のスタイルで楽しむことができるカセ釣りで、旨いブリ、メジロを釣りに行きませんか?

兼崎氏は「串本大島カセ釣り研究所」という名前で、YouTubeにて動画を配信されています。
当日の動画もありますので、ぜひ、ご覧ください。

大島フィッシングの最新釣果はこちらから
釣り場・釣り船の情報をまるっとチェック!