釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【手軽にサクッと楽しめる】船から狙うロックフィッシュゲーム!釣果アップのポイントとは?(西宮・今津港 釣人家)

初心者でも簡単に楽しめる釣人家のロックフィッシュショート便。

まるっきり初心者だと不安ではないでしょうか。

そこで、基本となるタックル、釣り方、ワームの選択などを紹介。

タックル

①ロッドはメバリングロッドやUL(ウルトラライト)のバスロッド

②リールはスピニングリール2000番が◎、メインラインはPE0.4号

③ジグヘッドは3.5gを基準に底を取れる範囲で軽いモノを

④ワームは1インチが基本サイズ

ワームは1インチがオススメ。写真は「フラッシュJハドル」(フィッシュアロー)

タックル選びは概ねこの4点がポイントになる。

補足で上げておくとPEラインは夜でも見やすいように白など視認性の高いカラーがオススメ。

またリーダーはフロロ1号を50cmでOKだ。

ジグヘッドはベテランであれば1gなどを使用する人も。

また潮が緩いタイミングなどは軽いジグヘッドである程度ワームが流れるようにするのも有効だ。

ワームの選び方

ワームを選ぶ際に気を付けたいのがサイズとカラー。

サイズは前述の通り1インチが基本。

カラーは、今年押さえておきたいカラーはピンク、オレンジ、緑の三色だ。

カラーは必ず複数用意しておこう。緑、ピンク、オレンジはマスト

取材日に反応がよかったのか「マナティ38(オンスタックル)」の赤、ピンク系のカラー

キャスティングしてボトムバンピングが基本

釣り方はまずは軽くキャスティング。

キャスティングは潮が流れていない時は必須。

潮が流れていない時は足元に仕掛けを投入すると、足元しか探れないからだ。

キャスティング出来たらまずは底まで落とす。

次はボトムバンピング。

底から少し持ち上げるように竿先で誘いを入れていく。

これが1連の流れだ。

またメバルの活性が上がれば、中層でのリトリーブなども有効になることもある。

以上がロックフィッシュを狙うためのポイントだ。

参考にして釣果を伸ばしてみてほしい。

釣人家の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る