釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【今期はメバルが大当たり年!】春告げるメバルに笑顔満開(兵庫・須磨 仙正丸)

週刊釣場速報のオフィシャルクラブ「つりそく船釣りクラブ」の定例釣行会が先日開催された。

神戸・須磨浦の仙正丸を貸し切って、メンバー22人が春の気配を感じながら船メバルを楽しんだ。

まずは、港を出てすぐの須磨沖で流し始める。

「水深21m、1mほど上げてやってください」とアナウンス。

すると、ひと流し目からメバルが大小まじって姿を見せ始めた。

朝から大小まじって釣れていた

釣れている仕かけを見ると、サビキの人やエサの人と比率は同じぐらい。

こんな時は好みの方で狙うとよい。

すぐに右舷後方で「マシなん釣れたよ~」と声がした。

伊勢村氏が手にしたメバルは、目寸27、28cmの大型。

底から1m上げたタナで、1番下のサビキ針に掛かったそうだ。

伊勢村氏は朝から良型のメバルゲット

船は徐々に西へとポイントを移していく。

次は「魚礁が高いので、底から3~5m上げといてください」。

こんな時、初心者は魚礁の1番上のタナまで上げて待つのがよい。

今回が船メバル4回目の柿本さんは、底を取ってすぐに5m上げて待つと、ポイントに差し掛かった途端にググっと竿先が入る。

追い食いを待つ余裕もなく、ゆっくりと巻き始めたが、これが良型の本命ダブルで破顔一笑。

柿本さんは良型のメバルに破顔一笑

流し直す度にメバルをポツポツと追加しながら、船は翼港が目前に見える淡路沖へ。

ここでは1投目からアジが姿を見せ、一時は入れ食い状態に。

アジは良型もまじった

メバルも大型がまじって上がり、皆が本命のメバルとゲストのアジで土産を確保し、納竿となった。

十川氏も27cmの良型をゲット

尾崎氏は自己新記録の32cmのメバルを釣り上げた

大野氏はシラサエビで良型メバルを釣り上げた

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュース一覧に戻る