釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

開始1投目からアタリ連発。大型マダイが狙える魅惑のエリア

ギュイン、ギュインと竿先が海面に突き刺さる! 激しい引きを何とかかわしながら上げてくると、海面に咲くのは見事な大型マダイだ。和歌山・市江沖では例年、春に桜マダイが海面に咲く。

その市江沖へと出船している市江崎の中戸船長はマダイの流し釣りかけてはこの辺りでトップクラスの腕だ。

ポイントまで近いのも魅力的

市江沖は港からポイントが近く、わずか10分ほどの距離だ。ポイントへと到着すると、船長から釣り開始の合図が出る。

マダイの反応がびっしりな好漁場

「水深は90mです。タナは底から6~10m。仕かけを底に落としたらすぐにタナまで巻き上げてください」。釣り人たちが一斉に仕かけを投入する。仕かけが底に着けば、すぐにリールを巻いて、船長が指示する下のタナまで上げる。そして、1、2回ほどパッパッと軽くシャクり、ステイする。潮が速い場合は、シャクった後にリールを巻いて仕かけを上げなくても、マキエとサシエがすぐに同調する。

魚探には魚の反応がビッシリ

開始直後からヒット連発!

船長に今期の状況を聞いていると、ひと流し目から竿先が海面に突き刺さる。「いきなり⁉」と思わず言葉が出る。しかも、ダブルヒットだ。引きを見るとなかなかの強引で、上がってきたのは50cmオーバーの食べ頃サイズのマダイだった。

「いい型ですね~」と記者が船長に言うと「この時期のマダイは小さくても45cmぐらい、アベレージが60cm前後で日に何尾かは70~80cmも上がるよ」とのことだ。期待は膨らむばかりだが、流す度に誰かにアタリがでるので、その期待はよい意味で大きく裏切られる。

終盤には入れアタリ状態に

すると、ゴゴンとマダイ特有の3段引きを楽しむ釣り人たちの中で、今までとは明らかに違うアタリがあった。ムーチングロッドは根元から曲がり、ドラグは滑り、ギュイン、ギュインとラインが引き出されていく。このアタリがでたのは、この市江沖のマダイ釣りをよく知る常連で、難なくこの強引をかわして上がってきたのは、大型マダイ。海面に上がってきた瞬間に「デカッ」と声が出る。

この後も釣れ続き、日が沈む頃に全員が満足の納竿となった。

市江沖は年中マダイが狙えるが、春の大型狙いと秋の食べ頃サイズが面白い。

市江崎の最新情報はこちらから
 
ニュース一覧に戻る