釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【夏の旬魚キスが回遊開始】船キス快釣中!

初夏からベストシーズンを迎える魚のひとつと言えばキス。

淡泊な白身の味わいは何にしても美味しいですが、やっぱり天ぷらで頂きたいですよね。

何を付けて食べるか想像しただけで、ヨダレが出てきそうですね。

そんなキスですが、例年兵庫の家島沖では5月中頃から、須磨沖では6月中旬から釣れ始めてそろそろ型がよいものもまじって、数釣りが楽しめる時期が訪れます。

盛期には100尾超の束釣りも狙える、初心者でも楽しみやすく美味しいターゲットなので、ぜひとも出掛けてみて下さい。

船全体で30~50尾など全員2ケタ釣果もあり好期突入

知々丸で6月17日七野氏キス53尾

先週は6月19日に井上氏らが船中キス15~25cm1人30~51尾と全員土産十分に釣れている日もあり、本格シーズン突入の気配を見せていますよ。

6月19日知々丸で井上氏キス51尾

潮周りによってもかなり釣果に差が出るようなので、予約の際によい潮周りを聞いておくと、さらに楽しみやすいですよ。

仕かけは市販のものでOK

仕かけは片テンビンを使用する船キス仕かけ。

2本針や3本針が一般的。

エサは石ゴカイや青イソメなどが一般的。

キスはエサを吸い込むように食べるので、あまりタラシが長いとエサだけ取られることが多いので、タラシは短くしておくことがポイントですよ。

ボートフィッシングではスピニングリールを使用することも多いですが、乗合船の場合は禁止している所もあるので予約の際は要チェックです。

これから最盛期を迎える船キス、船釣り初心者でも楽しめる釣りなので、ぜひともチャレンジしてみて下さいね。

知々丸の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る