釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

【実は知らないウマい魚】これから流行ること間違いナシの「クログチ」釣り!

紀淡海峡の中深海で釣れる「クログチ」が美味しいと噂を聞いた。

クログチという名前自体あまり聞きなれないので、もちろん食べたことがない。

しかし、美味しいと言うなら気になってしまう。

そこで、早速、釣りに出掛けてきた。

出船場所はアクセスが抜群!

大阪府の忠岡港までは、大阪市内からおよそ30分ほどととても近い。

釣人家忠岡店の藤田船長と挨拶をし、大きな期待を持って7時に出港。

ポイントまではおよそ1時間半の航程だ。

クログチは水深100m前後、胴突き仕かけで狙う

ポイントへ到着すると船長から「水深110m。かけ上がりです。底から10mまで、探ってみてください」と指示がでたので、さっそく釣りを開始。

着底したらすぐに底を切り、ゆっくりとリールを巻き始める。

開始すぐに船中ではクログチがヒット!

すると、開始早々から常連にクログチがアタる。

「え、船長こんなに釣れるのですか?」と思わず聞く。

すると、「エサの付け方と釣り方さえ間違わなければ、釣れますよ」とのこと。

そこで船長にエサの付け方をレクチャーしてもらい釣ってみると、これがすごい。

エサの切り身は身をしっかりとカットすることが大切

刺し通しせずにチョン掛けする

今まで、幹糸にハリスが絡まっていたりしていたのに、全くそれがなくなった。

ゴン、ゴゴンとクログチの強引を楽しみながら上げてくる。

すると、海面にぼっこりと白い魚体が浮いてくる。

その後もクログチ釣りを楽しみ、潮がかわればアジ狙いも楽しんだ。

40cm超の大型アジが続々登場

60cmの大型も登場して船中は大賑わい

最終的には船中ボーズなしで、クログチ最大60cm頭によい人12尾と鬼アジが釣れた。

帰宅後にはお待ちかねのクログチ料理をいただく。

「え、めちゃくちゃ美味い…」。噂通りの味で、ついついビールが2杯、3杯と進んでしまった。

さっぱりとしたクログチの身と昆布が絶妙にマッチする昆布締め

ふわふわの身質で皮目にほどよく脂が乗り、とても美味しい煮付け

噂通りの味で、ついついビールが2杯、3杯と進んでしまった。

アクセス便利で美味しい魚が釣れるこの釣りは「超・魅力的」。

イチ早く準備して釣行するのがオススメだ。

釣人家忠岡店のへの問い合わせはこちら

釣人家忠岡店の詳しい情報を見る
ニュース一覧に戻る