釣り船・釣り堀・筏・カセ・ボート・渡船など釣り場の情報と釣果をタイムリー に発信!「週刊 釣場速報」の公式WEBサイト

ニュース一覧に戻る

最旬到来! 楽しい、美味しい、旬のイカの釣り方

釣って楽しい、食べて美味しい、言うことナシの楽しいターゲットがある。

それは「アカイカ」だ。

アカイカは和歌山・南紀の各沖で7月に最盛期を迎える。

そこで、本格的なシーズンインを迎える前に、釣り方、オススメのスッテカラーなどのポイントを紹介したい。

 

アカイカは船からのイカメタルで狙う

イカメタルは仕かけが短いので、仕かけ捌きが不安の人にはオススメ。

また、浅ダナなどで手返し重視の場合には大変よい。

 

狙うポイントは水深が浅く、釣りやすい

このエリアではアカイカは砂泥地帯を狙う。

このエリア最大の特長は、ポイントの水深が30~50m前後と浅いこと。

とても釣りやすいため、アカイカ釣り初心者でも気軽に楽しむことができる。

アカイカのサイズとしては身が柔らかい小ぶりな物が多く、とても美味しい。

大きい物では胴長20~25cm前後が期待できる。

串本周辺ではカカリ釣りが多く、白浜周辺の船宿は流し釣りが多い。

 

オススメのスッテカラー

この辺りで基本となるスッテカラーは赤白、赤緑、ピンクだ。

なので、この3つのカラーは必ず用意しておくことをオススメする。

また、夜光系も効果的だが、サバなどのエサ取りが多い場合は目立って先にやられてしまうのでオススメしない。

外道が多い場合は、シルエット系のカラーがよいそうだ。

状況はコロコロかわるので、同じカラーやスッテにこだわらず、さまざまな種類を試してみよう!

 

基本的な釣り方

①仕かけをタナまで落とす
船長からタナを聞き、仕かけをタナまで落とす。この時、指示ダナより3~5mほど下に仕かけを落とす。

②シャクる
シャクリは小刻みにシェイクしたり、大きくゆっくりとシャクったりがよい。

③ストップ
竿を上げたら、次は竿先を下げていく。この時にイカが乗ってくる場合もある。下ろしていく時はラインがタルみ過ぎないようにする。下ろす時のステイも有効な誘いとなる。

④タナをかえる
何度かこれらを繰り返し、アタリがなければ、タナをかえて同様に誘う。竿先がフっと持ち上がったり、引き込んだりするアタリがでれば積極的に掛けていくことが必要。

 

釣果を上げるコツ

釣果を上げる上で1番大切なことが、アカイカが釣れるタナを把握すること。

なので、カウンター付きのリールを強くオススメする。

また、同じタナでずっと釣っていてもアタリは遠のくので、何度か同じタナで誘い、アタらなければどんどんタナを上げていこう。

また、この時期、邪魔になるのが、サバなどの存在。

サバなどがよくアタる場合は、誘いを激しくし過ぎず、またスッテはシルエット系に変更するのがベター。

 

【和歌山の船宿はこちら】
アカイカ狙いで出船しているかは事前に確認を
ニュース一覧に戻る